Heatherの荻野由佳起用は炎上商法か?苦情が殺到の理由は?コピペ対応も?

エンタメ・芸能

ファッションブランドのHeather(ヘザー)が、NGTのメンバーである荻野由佳を広告に起用しましたが、苦情が殺到し炎上してしまい、公式サイトで謝罪、コンテンツを削除という事態になりました。

荻野由佳さんといえば、山口真帆さんの暴行事件に関係があるのではないか、と疑いが持たれています。

たびたび炎上もしています。

そんな荻野由佳さんを起用するというのは、不思議ですよね。

今日は、そんな荻野由佳さんを起用したHeatherのやり方は炎上商法ではないのか、苦情が殺到している理由は何か、今回の問題に対してのコメントにHeatherがコピペで対応している疑惑、など調べてみたいと思います。

Heatherの荻野由佳起用は炎上商法?

現在まさに渦中の人である、荻野由佳さん。

同じNGTのメンバーである山口真帆さんが卒業したことについて、全く触れていないことでも有名になっています。

そんな荻野由佳さんを、問題になっているこのタイミングで起用することにメリットはあったのでしょうか。

 

今回Heatherは、荻野由佳さんの起用を決め、4月17日から広告プロモーションを展開し始めました。

可愛いです。

 

が、この広告が始まった途端にHeatherには苦情や批判が殺到し、炎上しました。

「炎上させないと売れないブランドなの」というコメントもありましたね。

 

Heatherは株式会社アダストリアが運営しています。

そのアダストリアは

これだけたくさんのブランドを運営しています。

有名で人気のあるブランドも多く、Heatherもその人気ブランドに入っていると思います。

 

そのHeatherが、今回の荻野由佳さんの起用で非難のコメントが殺到し炎上したことにより、Heatherはなんと1週間後にはこの件について謝罪しコンテンツを削除しています。

対応が早いです。

炎上したらすぐに削除です。

この広告を作るまでにも、かなりの労力やお金がかかっているはずです。

それを1週間で削除する、というのはどういうことでしょう。

 

炎上商法とは「炎上を意図的に引き起こして、世間に注目させることで売り上げや知名度を伸ばすというマーケティング手法」です。

今回のHeatherの件も、広告の公表と同時に一気に炎上し、すぐ削除という対応をしたため、かなりの話題になりました。

世間に注目させる、という点ではまさに炎上商法、ですよね。

ですが、これが意図的か、と言われると、確証はありません

ただ、起こっていることとしては限りなく炎上商法に近いですよね。

 

ですが、今回の件でアダストリアの株価は暴落し、6日間で時価総額24億円もの損失を出した、という噂です。

もし炎上商法だとして、これだけの損害を被ることを予測していたでしょうか。

これでは、炎上しただけ損をした、ということになってしまいますね。

Heatherが荻野由佳起用で苦情が殺到した理由は?

今回、広告に荻野由佳さんを起用した、という情報が出た途端、Heatherには苦情が殺到し、あっという間に炎上してしまいました。

この、苦情が殺到した理由は、やはり荻野由佳さんがこれまでしてきたこと、による不快感・不信感からですよね。

 

2018年12月に同じNGTのメンバーである山口真帆さんが暴行を受ける、という事件がありました。

その事件に、荻野由佳さんが関わっていったのではないか、という疑惑があります。

容疑者である、「いなぷぅ」こと稲岡龍之介との関係が取り沙汰されました。

が、それは噂であり、因果関係は特定されませんでした

ですが、そこから荻野由佳さんには良くないイメージがついてしまいました。

 

また2019年3月には、山口真帆さんの事件と直接関係があると言われている、NGTメンバーの太野彩香さん・西潟茉莉奈さんと3人で大阪に旅行に行っていたことが、公になり。

USJで楽しそうにはしゃいでいる姿も目撃されています。

 

そして2019年4月、NGTが解体して、1期生と研修生からの再スタートになることについて、荻野由佳さんがフォトログにコメントしていましたが、そこにメンバーである菅原りこさんと長谷川玲奈さん2人の名前がありませんでした。

この2人は、山口真帆さんを擁護していたメンバーで、山口真帆さんと一緒にNGTを卒業しました。

その卒業を前にしたフォトログで、すでにこの2人の名前を抜かして書いていたのです。

これに対してまた批判があり、現在は修正されています。

 

2019年4月に山口真帆さんがNGTを卒業したことについても、その時の公演について投稿していたのに、山口真帆さんの卒業については一切触れていませんでした。

 

View this post on Instagram

 

. NGT48 team NIII 今日まで本当にありがとうございました! そして、誇りの丘公演 約2年間、 愛して下さった皆様 本当にありがとうございました! . “今日までやり切った熱い情熱こそ誇りだと言える” 副キャプテンとして 至らないところばかりでしたが キャプテンのみなみ メンバー皆に支えられ助け合いながら そして応援して下さる皆さんと共に作り上げた誇りの丘公演 大好きな公演です! サポートで出演してくれた研究生メンバーにも 本当に感謝いっぱいです!ありがとう!!! そしてゆきりんさんが 今日の千秋楽をもってNGT48との兼任が解除となりました。 約4年間 お忙しい中だったのにも関わらず本当にありがとうございました!!!! ゆきりんさんがNGT48にいてくれて、本当によかった。心からそう思います。! 本当に本当に、偉大な大先輩であり お母さんのようなお姉ちゃんのような存在です。。!!! これからはNIIIで培ったものを忘れず NGT48、ひとつになって頑張ります! 皆さん本当に、ありがとうございました!

荻野由佳さん(@ogiyuka_ippaiwarae216)がシェアした投稿 –

これまで一緒に頑張ってきたメンバーが卒業したというのに、一切コメントを出さない、というのはどういうことでしょうか。

運営側から、山口真帆さんについての投稿禁止令でも出ていたのでしょうか。

謎です。

 

このように、荻野由佳さんは、何度となく自分に不利な行動をされていました。

このことから、山口真帆さんの事件に関わってはいないらしいけれども、世間からは「山口真帆さんの事件に関わっていた1人」と誤解を受けて、炎上したりしています。

実際は、荻野由佳さんの事務所であるホリプロも事件への関与は否定していますし、関係はなかったと思います。

ですが、本人の誤解を招く行動が、ファンが不快感や不信感を感じる要因になってしまったんですね。

 

こうして、荻野由佳さんを広告に起用したHeatherは炎上し、損害を受ける、という事態になってしまった、ということです。

Heatherが荻野由佳起用で炎上したことの対応がコピペ?

今回の荻野由佳さんの広告起用について質問をした人たちが、Heatherから同じ返事を受けた、ということで問題になっています。

 

それがこちらのツイート。

お客様からの質問内容に関わらず、同じ返答を返している、ということです。

これは・・・普通に考えても、受け取った側にはブランドに対する不信感しかないですよね。

一企業としての対応が、これで良いのでしょうか。

コピペ対応をするのなら、問い合わせ欄は必要ないのではないでしょうか。

お客様からの意見を聞く、という姿勢が感じられません。

 

このような対応をする企業だからこそ、余計に炎上騒ぎに拍車がかかったのかもしれませんね。

まとめ

今日は、荻野由佳さんを広告に起用したHeatherが炎上し、コンテンツを削除したということについて調べてみました。

荻野由佳さんを起用し炎上させたのは、Heatherの炎上商法なのか、と思いましたが「意図的に」炎上させたのかは特定できませんでした。

また、Heatherへの苦情や批判が殺到した理由は、荻野由佳さんの誤解を招く数々の行動でした。

そして、その炎上に対しての質問にHeatherがコピペで対応していた事実には、ブランドへの不信感しかありません。

 

今回の炎上騒ぎは、荻野由佳さんの自覚のない行動と、NGTについて世間が騒いでいるタイミングでの荻野由佳さんの広告起用が招いたことだと思いました。

 

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント