t-Ace(ティーエース)の生い立ちや母親との約束とは?友達や彼女の死は本当?

エンタメ・芸能

こんにちは!

かなさん(@kanayurin)です!

今日は、絶大なる人気を誇るラッパー「t-Ace」さんをご紹介したいと思います!

t-Aceさんは、YouTuberとしても活動していて、t-Aceさんのチャンネル登録数は2019年5月現在で13万人という大人気のYouTuberなんです。

そんなt-Aceさんですが、過去にはいろいろと苦労をされてきたようです。

今日は、その苦労が見える生い立ちや、母親との約束、友達や彼女の死とは何なのか、をお送りします。

t-Aceのwiki風プロフィール

 t-Ace(ティーエース)
本名:翼?
生年月日:1981年4月3日(38才/2019年5月現在)
出身地:沖縄県
身長:182センチ
体重:64キロ
所属:office ZERO

本名の翼、ですが、t-Aceさんは元々は「DJ翼」として活動していました。

DJでしたから。

でも、ある日突然「t-Ace」になったそう。

え?どういうこと?

それを語っているのが、こちらの動画です。

はい、本人にも理由はわからない、ということでしたw

最初に「t-Ace」と呼んだ人に聞いてみたいですね。

何で??

ですが、そんなことも「まあ、いいか」とそのままにするあたり、器が大きい!

大事な名前なんですけどねw

t-Aceの生い立ちが複雑?

t-Aceさんの生い立ちは、なかなか複雑です。

 

出身地が沖縄、というように生まれたのは沖縄でした。

が、父親の転勤で3才の時に千葉県へ引っ越しました。

その後、両親の離婚がきっかけで、親戚の家を転々としたようです。

7才の時に、祖母がt-Aceを引き取り茨城県へ。

12才の頃に父親が再婚して一緒に暮らすようになるけれど、新しい家族にあまり馴染めず、ほとんど家にはいなかったそうです。

HipHopに出会ったのもちょうどこの頃で、14才の時でした。

「この音楽を職業にする」と決め、その後高校に進学しましたが、すぐに退学し、東京に憧れていたことから千葉県松戸市に住む親戚の元で暮らしながら、音楽活動をするようになります。

その後、ある事件をきっかけにまた茨城県に戻り、音楽は諦め鳶職として働いていましたが、また音楽活動を再開し、今に至るということです。

 

さらに、10代の頃には何度か鑑別所に入っていたという話しも。

包み隠さず、全て話していますね。

というか、友達が同時期に鑑別所に数人集まる、というのは珍しくないですかw

t-Aceさんの友達も、なかなかです。

 

というわけで、t-Aceさんの人生、かなり波乱万丈ですね。

親の離婚、親戚の家を転々とする、鑑別所に入る、などドラマの世界のようです。

ですが、そんな状況にも挫けず、ポジティブに前を向き、音楽をやり続けたからこそ、今のt-Aceさんがいるんですね。

t-Aceの母親との約束とは?

t-Aceさんのインスタなどを見ていただくとわかるのですが、彼の左半身はほぼタトゥーで埋め尽くされています。

本当に隙間もないくらい。

でも、右半身には全くタトゥーは入っていないんです。

ちょっと不思議な入れ方だな、と思ったのですが、それには理由がありました。

 

それは、「右半身には絶対タトゥーは入れない」母親と約束していたんです。

その約束が歌われているのが、こちら。

これは、t-Aceさん自身が入れているタトゥーについての歌ですが、こちらの動画の1:55のあたり

「死ぬ前に母ちゃんと約束した、右側はそのままでいて」

という歌詞があります。

これが、t-Aceさんが、母親が亡くなる時に約束したという、本当のことなんです。

これに対して、t-Aceさんは歌の中でも「OK!」と答えていますね。

その言葉通り、右半身には絶対にタトゥーは入れないと決めているそうです。

 

見た目はかなりチャラい感じですし、インスタもびっくりするくらい過激ですが、t-Aceさんは真面目で優しいことがわかるのが、インスタでのこちらの投稿です。

母親のお墓詣りです。

本当にチャラくて、何も考えていなければ、お墓詣りなんて絶対に来ませんよね。

「ババア」と言っていますがw

 

また、他の日にも

このように、きちんと節目でお墓詣りにくるあたり、とても真面目なんだと思います。

 

そして、t-Aceさんの曲でも、母親に対する気持ちを歌った曲があります。

「またね」です。

この曲は、T-Aceさんが

6月27日 俺の最初の彼女が亡くなった日

と発表した曲です。

「俺の最初の彼女」とは、お母さんのことですよね。

聞いていただくとわかるのですが、とても胸が締め付けられる曲です。

いなくなって初めてわかる、喪失感というか、取り戻せない時間を感じます。

 

このように、母親との約束を守り、母親に対しての感謝を曲にするT-Aceさん。

人は見た目で判断できない、というのは本当ですよね。

t-Aceの友達の死は本当?

t-Aceさんの生い立ちの中で、「ある事件をきっかけにまた茨城県に戻り、音楽は諦め鳶職として働いていました」と説明しましたが、この事件というのが「友達の死」なんです。

 

詳しい内容までは明らかになっていないのですが、この友達の死は「t-Aceさんの判断ミス」と言われています。

一部では、渋谷で遊んでいた時に、薬をやっている人に刺された、という噂もありました。

 

t-Aceさんの周りには、先ほどの動画にもあるように、鑑別所に入るような友達が複数いたようです。

その友達絡みの事件なのか、また全く別の突発的な事件だったのかはわかりませんが、t-Aceさんが「自分の判断ミスだった」と感じているからこそ、音楽活動も辞め、千葉県松戸市から茨城県に帰ったわけです。

 

この時、t-Aceさんが相当のショックを受けたことが想像できます。

夢にしていた音楽を辞めて、帰ったわけですから。

でも、ここから立ち上がってまた音楽活動を始めたt-Aceさん、すごいと思います。

t-Aceの彼女の死は本当?

t-Aceさんは、友達の死を経験していたのですが、さらに彼女の死も経験しています。

 

16才の時に付き合っていた彼女が、自殺をした、ということです。

それを歌にしたと言われているのが、こちらの「ありがとう」という曲です。

この曲を最後まで聞いてもらえるとわかるのですが、最後、この彼女が浴槽で自殺しているような場面が流れます。

そして、t-Aceさんの横に座っていた彼女が、次の瞬間には消えています

これが本当だとしたら、かなり切ないです。

これも、胸が締め付けられる思いです。

 

友達の死や、彼女の死。

また、母親の死など、人の死に何度も立ち会ってきた、t-Aceさん。

強くならざるを得ませんよね。

人って、近しい人の死を乗り越えることで、さらに成長すると私は感じます。

そんなt-Aceさんだからこそ、人気もあり、ファンもたくさんいるのではないでしょうか。

t-Aceの動画まとめ!

「12cmの肩」は、t-Aceさんの新曲です!

どの曲も、カッコ良かったり、切なかったり、とても素敵な曲だと思います。

まとめ

今日は、大人気ラッパー「t-Ace」さんについて、ご紹介しました。

t-Aceさんの生い立ちはかなり複雑で、引っ越しを繰り返し、実の親とはあまり一緒には暮らしていなかったようです。

そして、亡くなった母親との約束は「右半身にはタトゥーは入れないこと」でした。

MVの中でも歌っていましたが、母親が亡くなる前にそう約束したそうです。

またt-Aceさんは、友達の死も経験しています。

t-Aceさんは、友達が亡くなったのは自分のせいだ、と感じていたようです。

さらに、t-Aceさんは彼女の死まで経験していました。

それも、彼女は自殺だったようです。

MVの中でそれの様子が表現されています。

とても切ない終わり方になっていました。

 

t-Aceさんのインスタや動画を観ていただくとわかるのですが、t-Aceさんはかなり過激な印象を受けます。

ですが、今回ご紹介したように、数々の困難を乗り越えてここまできたt-Aceさんは、とても真面目で優しい人なのだと思います。

悲しい想いをたくさん経験したからこそ、優しくなれるのではないでしょうか。

t-Aceさんの今後の活躍も、楽しみにしています。

 

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

コメント