【宮野真守】声優になった理由は?代表作はこれ!おもしろ顔芸まとめ!

エンタメ・芸能

こんにちは!

かなさん(@kanayurin)です!

今日は今話題の声優さん、宮野真守さんについてご紹介したいと思います!

かなり面白いキャラクターの宮野真守さんですが、本業の声優さんとしてはたくさんの作品に登場し、仕事も早いと噂です。

そんな宮野真守さんが声優になった理由はなんなのか、また声優としての代表作、「顔がうるさい」と言われる所以の顔芸動画まとめ、などをお送りします!

宮野真守の簡単プロフィール

「宮野真守」の画像検索結果

 宮野真守(みやの まもる)
生年月日:1983年6月8日(35才/2019年5月現在)
出身地:埼玉県
身長:182センチ
血液型:B型
事務所:劇団ひまわり

 

宮野真守さんは、現在声優として話題になっていますが、なんと俳優でもあり歌手でもあります。

出演作などもたくさんあり、あちこちに引っ張りだこの声優さんです。

 

そして、身長がなんと182センチもありました!

このイケメンフェイスで、身長も182センチなんて、モテないわけがありませんね。

しかも、性格はかなり面白いんです。

パーフェクト!ですね!!

宮野真守が声優になった理由は?

宮野真守さんが声優になった理由ですが、

7歳の頃から劇団に入り、劇団のレッスンを受けていて、役者の勉強をしていた

18歳の時にたまたま受けた海外ドラマの吹き替えのオーディションで何も知らずに声優をやって、そこから(声優の仕事が)始まりました

と、語っています。

「何も知らずに声優」をやれることがすごいですね。

やはり7才から子役として仕事をしてきた経験から、声優という世界にもすんなり入っていけたのかもしれませんね。

 

そして、その、たまたま受けた海外ドラマとは

「私はケイトリン」

という、NHK教育テレビのドラマだったようです。

グリフィン役のジェレミー・フォーリーの吹き替えを担当していました。

 

宮野真守さんは、ここから声優としてスタートしたのですが、ここで

「声優としていい経験ができた」

と言っていました。

この初めての吹き替えの現場で、声優としての仕事をしっかりと教えてもらったおかげで、現在の宮野真守さんがあるのですね。

 

そして宮野真守さんは、最初に演じたグリフィン役のジェレミー・フォーリーの吹き替えで

食べる演技が全然できなくて、すごい監督に怒られて

と語っていました。

 

その怒られたエピソードとして、

「監督がスタジオに入ってきて、みかんを丸ごと(宮野の)口にガッて詰めて『これ(を入れた状態)で喋ってろ!』って」

という指導があったそうです。

かなりスパルタですね。

でも、なるほど、実際にやってみれば食べる演技がどうあるべきなのか、ということが一瞬でわかります。

そして、この指導のおかげで宮野真守さんは、声だけの演技の難しさを痛感し、これ以降声優としての演技を研究するようになったそうです。

このスパルタの指導が、宮野真守さんがこれから先の演技を磨くきっかけになった、ということですね。

宮野真守の声優としての代表作は?

宮野真守さんの代表作ですが、かなりたくさんあります!

 

まず、宮野真守さんが注目されるきっかけとなった作品が、

家庭用ゲーム「キングダムハーツ」シリーズの主人公リク役

でした。

この「キングダムハーツ」のリクを演じたことが、宮野真守さんの声優としての知名度が上がるきっかけになったと言われています。

 

そしてさらに宮野真守さんの知名度をあげたのは

アニメ「DEATH NOTE」夜神月(やがみらいと)役

ではないでしょうか。

「アニメ夜神月」の画像検索結果

この「DEATH NOTE」は言わずと知れた、大人気作品です。

単行本もありますし、アニメ、映画にもなっています。

その主人公である、夜神月役を演じたことで宮野真守さんの名前は爆発的に知れ渡ったのではないでしょうか。

宮野真守さんご本人も、とても演じてみたかった役どころらしく、見事オーデイションで勝ち取った、ということです。

 

その後、

アニメ「機動戦士ガンダム00」刹那・F・セイエイ役

も演じています。

「アニメ刹那・F・セイエイ」の画像検索結果

この「機動戦士ガンダム」シリーズも、かなりのファンがいます。

大人気シリーズです。

そのシリーズうちの1つである「機動戦士ガンダム00」の主人公である刹那・F・セイエイ役を演じたことは、これもまたかなりのステップアップになったはずです!

宮野真守の「顔がうるさい」顔芸動画まとめ!

そんな有名な作品に出演している宮野真守さんですが、とても面白いキャラクターで、なぜか変顔が得意なんですw

そのことから、「顔がうるさい」と言われていますw

 

そんな芸人キャラも持っている、「顔がうるさい」宮野真守さんの顔芸動画がこちら!

 

 

 

レコーディングしていても、「顔がうるさい」と言われている動画がこちらです。

たしかに、うるさいw

まとめ

今日は、今話題の声優・宮野真守さんについてご紹介しました。

宮野真守さんが声優になった理由というのは、たまたま受けた海外ドラマのオーデイションに受かったことから、声優としての活動が始まり、のめり込んで行ったということでした。

また、代表作は本当にたくさんあるのですが、宮野真守さんが注目されるきっかけとなった作品は家庭用ゲーム「キングダムハーツ」で、主人公リク役を演じたことからでした。

その後も、「DEATH NOTE」の主人公・夜神月や「機動戦士ガンダム00」の主人公・刹那・F・セイエイなど、大人気作品の主人公を演じることで、どんどん知名度をあげていきました。

そして、声優としての宮野真守さんもさることながら、「顔がうるさい」として芸人枠での宮野真守さんもいましたw

「顔がうるさい」動画をご紹介しましたが、本当にうるさかったですねw

 

声優として大活躍の宮野真守さん。

これから、顔芸含めての活躍、楽しみにしています!

 

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

コメント