東芝の追い出し部屋はひどくないとの意見も?パワハラにあたる違法で裁判もあり?

エンタメ・芸能

こんにちは!

かなさん(@kanayurin)です!

東芝の「追い出し部屋」という、言葉が話題になっています。

希望退職に応じなかった社員が集められ、単純作業や肉体労働をさせられている、という内容でした。

しかし、その追い出し部屋の対応について、世間では「ひどいことではない」という意見もあり。

その追い出し部屋はひどくはないのか、パワハラにあたり違法なのではないのか、など調べてみました。

東芝の追い出し部屋の詳細

東芝が100%出資する主要子会社にこの春、新しい部署ができた。
そこには希望退職に応じなかった社員らが集められ、社内外の多忙な工場や物流倉庫で単純作業を命じられている。
東芝は「適切な再配置先が決まるまでの一時的措置」だと説明するが、社員からは「退職を促す追い出し部屋だ」との反発が出ている。

新部署は、発電所向けの設備をつくる東芝エネルギーシステムズ(川崎市)が4月に設けた「業務センター」。
東芝や関係者によると、所属する約20人は、それまで技術管理や営業、事務などの仕事をしていた。
同システムズは火力や原子力など発電所の需要低迷を理由に、勤続10年以上で45歳以上を対象に3月末での希望退職を募集。
上司に応募を促されながら拒んだ社員らが配属されたという。

引用:朝日新聞

東芝が、希望退職を募集して上司が応募を促したのに、それに応じなかった社員が業務センター(追い出し部屋)に送られた、ということです。

これだけを見ると、ちょっとひどいな、という印象を持ちます。

これまで会社のために頑張ってきた社員を、業績が不振で人員を削減したいからといって、辞めてもらいたい、というのも身勝手な話に感じられます。

会社の都合、ですよね。

会社というのは、人が集まって成り立っているもので、その個々のパーツである人を大切にできない会社が今後生き残っていけるのか、というのも疑問になります。

辞めてほしい、といっても辞めてくれない、会社が直接解雇することもできない、どうしたら辞めてもらえるか・・・と考えた先の追い出し部屋という感じがします。

 

ただ、きっと東芝としても現在経営が苦しいことは明白で、このままでは会社ごとなくなってしまう、その前にどうにかして会社自体を守らなければ、ということもわかります。

会社がなくなってしまば、それこそ甚大な被害になります。

抱えている社員が全て路頭に迷うわけですから。

 

これはどちらの立場から見ても、かなり難しい問題のような気がします。

東芝の追い出し部屋はひどくないとの意見も?

今回の東芝の追い出し部屋については、「ひどいことではないのではないか」という意見も多く見受けられました。

こちらがその意見ですが

すごく厳しいようなのですが早期退職優遇制度で好条件を出してまで辞めて欲しい人であったのかなと思います。
不適切会計処理が報じられてから今日に至るまでずいぶん猶予はあったと思います。
つまり必要と唸らせる人、手放したくない人になる時間はいくらでもあったと思います。
何も変わることなくいれば正直肩たたきを受けてまで居残ると不本意な業務に従事させられる可能性だって予想されるはず。
自負やプライドが高いのであれば不本意な業務に従事させられる前に高額な退職金を手にして去っても良かったと感じます。

どこの会社も考えることは同じ。
特に東芝は債務超過まで陥って経営破綻状態から再出発を余儀なくされた。
能力・意思・信念がある人はきっと多くが会社を去ったはず。
残った人は何か問題があったのでは?
もう会社は守ってはくれない。
幻想は捨てねば。

会社にとって「不要な社員」なのです。
会社にとって「必要な社員」となるための日々の努力を怠ってきた結果だと思います。
それでも給料をくれるのは、会社の温情です。
米国や欧米、たぶん中国や韓国でも、「明日から来なくていい」のひと言ですよ。

傘の下でのん気に過ごしてたのでは?
会社から必要とされる努力を怠ったツケでしょう。
積極的に能力開発に努めていれば、会社に必要とされたし
好条件での転職も可能だったはずです。
私は、S社を6年前に自ら希望退職で去り、新しい職場でそれなりに満足のいくポストと報酬で仕事していますよ。
文句だけじゃなく叛骨心をもつべきだと思います。

契約条件が正社員だろうがなんだろうが、己は、個人として会社と契約している労働力提供サービス事業者に過ぎない事実を知るべき。
会社は家族ではない。
学校でもない。
ビジネスにおける次の瞬間への処遇は、長年頑張った個人の真実ではなく、それまでの事実に基づく現時点の会社の期待値として現れる。
年とともに売る労働力を変えていかなければならないし、それができないなら資本家になる算段も必要。
当然のこと。
評価は市場が下す。
会社に残るというのは、契約当事者としてその関係性に現在も承諾しているということ。
その必要があって行われた希望退職募集に応じなかったのなら、自分に価値がある事を示さねばならない。
諸関係を分析して施策を打ち、均衡に持っていった結果を、数字で。

かなり厳しい意見が並んでいますが、自業自得なのでは?という見解が主だと思われます。

必要とされている人だったら、希望退職の対象にもならない。

そして、会社は家族ではない。

自分で自分の価値を磨き、必要とされる人になるべきでは、ということですね。

そうなっていないからこそ、追い出し部屋に配属されたわけで、それをひどいとはいえないのではないのか、と。

確かに、もっともな意見でもあります。

これからの時代、これまでのように終身雇用で定年まで安泰、というわけにはいかなくなります。

自分自身の価値を出していかなければ、稼ぐことが難しい世の中になってきているとは思います。

東芝の追い出し部屋はパワハラにあたる違法で裁判もあり?

東芝の追い出し部屋は、パワハラにはあたらないのでしょうか。

実際に、以前同じようなことがあり、裁判になった事例もありました。

 

ある会社で、退職勧奨に応じなかった社員(50代)が工場でのインキ担当に配属された、というものです。

その社員は部長であり、その地位から工場のインク担当とは、側から聞いていてもパワハラに感じられます。

しかもインキ担当はインクの缶を台車で運んだりする肉体労働です。

今まで部長として社内で働いていた人が、いきなり肉体労働とは、キツいですよね。

この件に対しては裁判で争われ、結果

退職勧奨に応じなかった、開発業務に従事していた管理職に対する肉体労働への配転命令が、権利の濫用として無効と判断され、元の部署に勤務する地位にあることが認められた

ということでした。

これは権利の濫用として、元の部署で勤務することが認められましたが、今回の東芝のケースはどうなのでしょうか。

 

もし、不当な扱いだとして裁判を起こすとしても、弁護士費用などの金銭的な問題もあります。

それを捻出してまで戦う人がいるのか。

今後の動きも気になります。

東芝の追い出し部屋の社員のコメントに世間の声は?

東芝の追い出し部屋に配属された社員のコメントで

「不慣れな肉体労働で疲労がたまる。こんな作業を続けていても先が見えない」
「同僚が次々と他社に移るなかでも、自分は残ってがんばってきた。なぜこんな仕打ちをうけるのか」

といった声が報道されていました。

これに対しても厳しい意見が多く

こんな作業とか言える余裕があるんですよね。
慣れない作業とかおっしゃられてますがどんな仕事でも最初は誰もが慣れない仕事ですよ。
環境の変化に適応できるように努力もしないで不平不満ばかりでは一緒に働いている周りの方に迷惑です。
与えられている環境に感謝しましょう。

配属された職場で働いている人もいるのに倉庫作業員を見下していませんか?

凄く失礼なやつ
そういう単純作業でも
生業として真面目に就いている人もいる
まるで
「自分は能力あるから
こういう仕事は
もっと低水準の人がやる仕事」と思っているように感じる
そんな考え方だから
「追い出し部屋」なんじゃない?
人間性に問題ありそう

会社から不要とされ肉体労働も馬鹿にするならどこも引き取り手はない。そこで働く人をなんだと思っている?

うーん、私には贅沢な不満だなとしか。。。

会社側が欲しくない人材だったんだから仕方なくね?
いらね。って言われてるのを「いや、私は居残ります」って言って居残ってるんだから会社側の言うこと聞くしかないんじゃない?
会社はもっと出来る人間に空いたポストに就いて欲しいわけだし。
追い出し部屋って所に放り込まれる前に実力を示せなかった本人が悪いとしか思えないなぁ。

厳しい意見が続きます。

確かに、その肉体労働を生業にしている方もたくさんいるのが事実です。

その仕事をしている人にとっては、追い出し部屋に配属された社員の方のコメントは、聞き捨てならない、かもしれませんね。

そして、「自分は残る」と決めた以上、それなりの努力をして成果を会社に見せなければ、残っているだけでは、評価の向上にならないのも現実ですね。

最後に

世間のコメントを見ても、追い出し部屋に配属された方々を擁護する意見の方が少ないように感じられます。

これから、ますますこのような事例は増えていくのではないでしょうか。

現状に満足せず、日々自分をアップデートする気持ちを持っていかないと、明日は我が身、ですね・・・

 

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント