【番組動画あり】岩井志麻子が炎上したけど差別発言はしていない?過激発言は昔から?

エンタメ・芸能

こんにちは!

かなさん(@kanayurin)です!

岩井志麻子さんが炎上している模様です。

もともと過激な発言の多い岩井志麻子さんですが、今回はなぜ炎上してしまったのでしょうか。

調べてみました。

岩井志麻子が炎上の詳細

岩井志麻子さんは関西テレビの「胸いっぱいサミット」という番組に、コメンテーターとして出演していました。

その中で、発言したことが炎上の理由になったようです。

 発言があったのは、5月18日の放送。
生放送ではなく収録で、編集でカットされなかった。
慰安婦問題に絡んで2月に上皇さま(当時は天皇陛下)に謝罪を求めた韓国国会の文喜相(ムンヒサン)議長をめぐる議論のなかで、進行役の漫才コンビ・ハイヒールのリンゴさんから
「岩井さんは、ご主人が韓国の方ということで、韓国人気質というものは分かっている?」
と問われ、岩井氏は
「この間も言いましたけど、とにかく『手首切るブス』みたいなもんなんですよ。手首を切るブスという風に考えておけば、だいたい片付くんですよ」
スタジオで笑いが起きた。
さらに
「(韓国が)『来てくれなきゃ死んじゃうから、死んだらあんたのせいだから』って言って、中国とか北朝鮮は『死ねば』と言っちゃうけど、日本は『そんなこと言うなよ、お前のこと好きなんや』」
と述べ、その後の発言は効果音で消されていた。

番組冒頭で岩井氏は「今日はなんでも言っていい日なんですよね、収録だから」と発言していた。

引用:livedoorNews

かなり過激な発言ですね。

そして、問題の番組動画がこちら。

周りのコメンテーターも少し困り気味?

でも、岩井志麻子さんのキャラクターを考えたら、それほど驚くような言葉でもない気がしますね。

むしろ、国家間の関係を男女間のいざこざに例えるなんて、うまいな、と思ってしまいます。

ただ、その選んだ言葉が強すぎたのかもしれません。

「手首切る」と「ブス」ですから。

どちらも間違いなく反感を買うこと、間違いなしな言葉です。

本当のリストカッターからしたら、そんな言葉を軽率に使って欲しくない、と思うでしょうし、ブス、という言葉も世の中の女性を敵に回しそうな言葉です。

ですが、それも岩井志麻子さんが冒頭で「今日はなんでも言っていい日なんですよね、収録だから」とおっしゃっているように、ご本人も不適切な発言なら収録でカットされるだろう、と思って発言している節もありますよね。

ですので、今回の炎上騒動は岩井志麻子さんは被害者かな?とも思えます。

岩井志麻子が炎上したけど差別発言していない?

そんな岩井志麻子さんの炎上騒ぎですが、岩井志麻子さんの今回の「手首切るブス」発言が、差別だ!と言われる一方で、別に差別ではないのではないか、という声も多数聞かれます。

番組の中でも言われていたように、岩井志麻子さんの旦那さまは韓国人です。

自分の大切な家族の国を差別するような気持ちを、岩井志麻子さんが持っているのでしょうか。

そうは思えませんよね。

ですので、差別をする、という気持ちでの今回の発言ではなかったように思えます。

ただ、たしかに強い言葉には変わりはなく、もう少し表現方法を考えた方がよかったのではないか、とは思いました。

 

ちなみに、差別する言葉とは

「他者の人格を個人的にも集団的にも傷つけ、蔑み、社会的に排除し、侮蔑・抹殺する暴力性を持つ言葉」

と定義されています。

今回は人格=韓国、ですが、このように傷つけ、蔑み、侮蔑することです。

岩井志麻子さんの発言が、ここまでの暴力性を持っていたのかはわかりませんが、受け取る人によっては暴力的に聞こえるかも、しれませんね。

岩井志麻子が炎上したけど関西テレビの編集ミスでむしろ被害者?

今回の岩井志麻子さんの炎上騒ぎが、収録にも関わらず、編集でカットしなかった関西テレビのミスだ、という指摘も多くありました。

そのような意見を受けてか、関西テレビは謝罪をしています。

番組は生放送ではなく、編集での放送。同局によると、放送後からここまで「複数件の視聴者からの意見をいただいた」とし、批判の声が寄せられたという。

これを受け、同局はこの日、「この表現をそのまま放送したことは適切な判断ではなかったと考えています」と謝罪した。

放送前は「差別的な意図はない」と判断し、編集でカットはしなかったが、放送後に意見を受けて、社内で協議したといい、その結果「多様な感じ方をされる視聴者の皆さまへの配慮が足りず、心情を傷つけてしまう可能性がある表現であり、そのまま放送するというのは誤りだった」との結論に至ったという。

さらに「視聴者の皆さまへ申し訳なく思い、反省し、今後は多様な皆さまへの人権の配慮といった放送の価値を重んじられる番組作りをしていきたい」と反省の弁も続けた。

引用:日刊スポーツ

複数件の意見をいただいた、と言っていますが、かなりの批判が殺到したのではないかと想像できます。

ネット上で炎上しているくらいです。

講義の電話が鳴り止まなかった可能性もありますね。

そのような世間の動きをみて、の今回の謝罪でした。

 

最初から、このシーンをカットしていたら・・・岩井志麻子さんが炎上することはありませんでしたよね。

むしろ、炎上商法なのか?と思ってしまいます。

話題になったことは間違いありませんよね。

ですが、関西テレビのイメージがかなり下がったことも事実です。

炎上商法だとしたら、残念ながらマイナスな結果になってしまいましたね。

岩井志麻子が炎上したけど過激発言は昔から?

今回、差別発言をしたと炎上中の岩井志麻子さんですが、むしろ以前からそうだったでしょう、という声も多数ありました。

謝罪するくらいなら、岩井志麻子さんをゲストに呼ぶのが間違い、のようになっていますね。

たしかに岩井志麻子さんの発言は、とても強い言葉でしたが、うまい、と思わざるを得ないような印象もあります。

 

まだまだ岩井志麻子さんの発言には賛否両論出てきそうですが、収束はいつになるのか、という感じですね。

コメント