ジャニー喜多川が搬送された病院はどこ?容体は現在どうなっているの?

エンタメ・芸能

こんにちは!

かなさん(@kanayurin)です!

スマップや嵐などが所属するジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川さんが、救急車で運ばれた、というニュースが流れてきました。

2019年6月18日に、一部では報道されていたのですが、一夜明けた6月19日に大手メディアが一斉にジャニー喜多川さんの緊急搬送を報道しました。

ジャニー喜多川さんは87歳と高齢です。

持病などがあるのかはわかりませんが、心配です。

そんなジャニー喜多川さんの現在の容体はどうなっているのか、また搬送された病院はどこなのか、などをお伝えしたいと思います。

追記:ジャニー喜多川さん、意識が戻ったようです!

沖田臥竜さんがコメントしていました!

本当なら、喜ばしいことです!

というか、今まで意識がなかったということですね。

今後の経過も気になります。

ジャニー喜多川が緊急搬送された詳細は

今回、自宅から119番通報があり、救急車で運ばれたとされるジャニー喜多川さんですが、その運ばれた詳細がこちら。

 18日昼過ぎ、東京都渋谷区内の自宅から119番通報があり、救急搬送。
通報は「ジャニーさんが倒れた」という内容だった。
そのまま入院したとみられ、搬送先の病院には多くの報道陣が集まった。

ある芸能関係者は「普段、ジャニーさんが通っていたのは都内の別の病院ですが、搬送されたのがそことは違った病院だったため、様々な臆測も流れました。事務所関係者も入院していることは認めている」。

病状など詳しいことが発表されることもなく、一時は“重病説”なども飛び交った。

引用:exciteニュース

ジャニー喜多川さんが倒れて救急搬送された、というニュースは本当でした。

緊急性がなければ、救急車で運ばれるということはないでしょうし、一体どうしたのでしょうか。

救急車で運ばれるような病気としては

脳卒中

心筋梗塞

急性腹症

窒息

アナフィラキシーショック

などが上げられます。

ジャニー喜多川さんはどのような症状で運ばれたのか、意識はあるのか、ないのか。

気になります。

ジャニー喜多川の容体は現在どうなっているの?

気になるジャニー喜多川さんの容体ですが、残念ながら現在のところ情報がありませんでした。

 

救急搬送されたということは、緊急性のある状態だったのでしょうし、その後の経過はどうだったのか気になります。

また、手術などが行われたのか、なども今後の容体に関わることですので、知りたいところです。

ですが、ジャニー喜多川さんの現在の容体は確認中とのこと。

 

そして、病名も調べてみましたが、こちらも特定することはできませんでした。

以前から通院はされていたようですので、何か持病はあったのかもしれません。

ジャニー喜多川さんは87歳という高齢です。

何かしらの持病があっても、おかしくはないですよね。

 

また、新しい情報がわかりましたら、お知らせしたいと思います。

ジャニー喜多川が搬送された病院はここ?

ジャニー喜多川さんが救急搬送された病院はどこなのでしょうか。

 

ジャニー喜多川さんの自宅は、東京都渋谷区のマンションであることはわかっています。

ここから、救急車で搬送されたということです。

また、ジャニー喜多川さんが普段通っていた病院とは別の病院に搬送されたそうです。

救急搬送ですと、病院を選ぶことができない、ということは多々あります。

ですので、今回のジャニー喜多川さんの場合も、普段の病院に運んで欲しいと希望しても叶わなかった、という可能性も。

 

そして、現在ジャニー喜多川さんが入院しているとされている病院ですが、まだ情報はありませんでした。

 

ジャニー喜多川さんの自宅から近い総合病院としては

日本赤十字社医療センター
東京都立広尾病院
東京都共済会中央病院

などがありますが、東京都立広尾病院と東京都共済会中央病院は緊急治療室があり24時間対応しているということです。

もし病状が緊急性があったのであれば、これらの病院に搬送された可能性もあります。

 

ジャニー喜多川さんの詳しい病院については、新しい情報がわかりましたら、お知らせしたいと思います。

 

追記:ジャニー喜多川さんが運ばれたのは、日本赤十字社医療センター、でした。

やはり緊急性があったのか、自宅からほど近い総合病院への入院になったようですね。

ジャニー喜多川は車椅子に乗っていた?

ジャニー喜多川さんは87歳という高齢であり、2012年頃から車椅子での移動が多くなってきていたようです。

ですが、人前で車椅子に乗る、ということは嫌がって避けていたようですので、近年ジャニー喜多川さんがメディアに出てくるということは少なくなっていました。

たしかに、ジャニー喜多川さんの話を聞くことはあっても、その姿を見かけることはありませんでした。

今回の報道で久しぶりにメディアに写真が出ていましたが、やはりお年を召したな、という印象でしたね。

 

そして、この車椅子に乗っていた、ということは今回の救急搬送に関係があるのかと思い調べてみましたが、こちらは特に関連性はないようです。

高齢で足が弱ってきたため、車椅子に乗っていたんですね。

 

ただ、2016年の1月にジャニー喜多川さんは入院されていたようで、

「1月はずっと病気だった」

と明かしていました。

さらに、体調のことを聞かれると

「悪いね」

と答えていたそうです。

これはご自身の口から直接聞かれた言葉だということです。

ということは、この頃から、何らかの病気を患っていた可能性があります。

詳しい病名などは明かしていませんでしたが、かなり体調は悪かったようです。

人前で車椅子に乗りたくないくらいのプライドがあるジャニー喜多川さんです。

ちょっとやそっとの体調不良で「(体調が)悪いね」などとは言わないはず。

病名などが気になります。

ジャニー喜多川のプロフィール

「ジャニー喜多川」の画像検索結果

生誕 ジョン・ヒロム・キタガワ(John Hiromu Kitagawa)
漢字表記:喜多川 擴(きたがわ ひろむ)

1931年10月23日(87歳)アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス市
住居  日本
民族 日本人(大和民族)
出身校 ロサンゼルス・シティー・カレッジ (LACC)卒業
上智大学国際部(現・国際教養学部)卒業
職業 実業家・芸能プロモーター・音楽プロデューサー
著名な実績 ギネス世界記録
「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」
「最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物」
父:喜多川 諦道

ジャニー喜多川の救急搬送にSNSでは

ジャニー喜多川さん、どうかまた元気に戻ってこられますように。

無事を祈っています。

コメント