内村光良がイッテQを降板するのはなぜ?過去の死亡事故も関係あり?

エンタメ・芸能

こんにちは!

かなさん(@kanayurin)です!

日本テレビの人気番組の「世界の果てまでイッテQ!」のMCである内村光良さんが、なんと10月での降板を考えているという報道がありました。

「世界の果てまでイッテQ!」は、以前にヤラセ疑惑が報じられ、今回放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会に「やらせである」と認定されてしまいました。

その認定を受けて、なのか、番組MCの内村光良さんが降板を口にしたということなのです。

内村光良さんはなぜ「世界の果てまでイッテQ!」を降板しようと思ったのか。

調べてみました。

内村光良がイッテQを降板する?

 内村が降板を覚悟した!? 日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後8時)で騒動となった“やらせ祭り”問題について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は5日、放送倫理違反に当たるとの見解を示した。
BPOに「やらせ」と認定されて日テレ内部は蜂の巣を突っついたような大騒ぎになっている。
なかでも大問題なのは、番組のリーダー的存在の内村光良(54)が10月降板を決意したとささやかれていることだ。

今回のBPOの見解を受け、MCの内村が「降板を口にした」という衝撃的な情報を入手した。
「結論を言えば、自分がタレントとして芸人としてまた、一人の人間として納得できる対応策が示されない時は、10月いっぱいで『イッテQ』を降板すると発言したそうなんです」

引用:東スポ

以前に話題になった「お祭り企画」がやはりやらせであった、と認定されてしまったようです。

宮川大輔さんが外国にまで行って行った「お祭り企画」ですが、やらせ疑惑が持ち上がり、相手国とも一時険悪な雰囲気になっていました。

それはそうですよね。

自分の国のお祭りではないのに、「◯◯国の珍しいお祭りです」と紹介されては、たまったものではありません。

そんな国なの?と誤解を生みますよね。

そして今回、そのお祭りがやはり「やらせ認定」を受けました。

日テレが大騒ぎになるのも、頷ける結果です。

内村光良がイッテQを降板するのはなぜ?

そんな最中の、内村光良さんの降板騒ぎです。

一体なぜ、内村光良さんは「世界の果てまでイッテQ!」を降板する、などと話したのでしょうか。

 

ネットでは

ウッチャンの責任ではないと思いますが…

ウッチャンの責任なの?ウッチャンが降板するなら番組終了のが正しい決断だと思うが。

こういった責任は番組制作側がとるべき、というか出演者はただの雇われ人。
発言権が絶大で監修などのクレジット付きなら別だが・・・。
視聴率もそうだがこういった記事が臆面もなく載せられるほどマスコミと一般人の感覚はかい離してるってことだよ。

企業としての対応なら、制作スタッフの更迭若しくは降格が妥当なのに、それは無しでタレントが責任を感じて辞任したいなんて、一般的な企業としては些かズレた対応だと思う!!

やっぱりテレビ業界は逝かれてる!!

内村さんは何も悪くないだろ…

このように、内村光良さんを擁護する声が多数でした。

内村光良さんはタレントであり、責任を感じて辞める必要などない、ということです。

それは最もですよね。

番組を作ったのは日テレの制作で、内村光良さんはMCを任されているタレントです。

そのタレントが責任をとって、というのはおかしな話ですよね。

 

しかし、どうやら内村光良さんは「責任をとって」という理由だけでもなさそうです。

ウッチャンが怒っているのは、スタッフや局の姿勢に対してなんだろう。

バラエティ番組なのだから、面白くする台本、演出、編集はあるのが当然。その中で出演者は真剣に取り組み、時には大げさに振る舞うことで笑いを取る。

ただ最近のイッテQの企画は、あまりにも出演者に頼りすぎと感じる。出たとこ勝負と言うか、とりあえず海外に行って罰ゲームまがいの企画を数こなして尺をつなぐだけ。わざわざ海外に行く必然性も感じない。

本来なら裏方のスタッフまで出てきて、出演者にイジらせて笑いを取ろうとする。番組関係者の手抜き感が感じられる。

この方の言うように、内村光良さんはスタッフや制作側に対して「怒っている」のかもしれません。

内村光良さんは実は以前、別の番組の収録中に死亡者を出す、という経験をしてるのです。

「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」という番組の収録中に、香港のロックバンドで活躍していた「黄家駒」さんという方が出演中に転落して、その一週間後に亡くなってしまったのです。

たしかにこれは、かなりのトラウマになるのではないでしょうか。

もちろん、内村光良さんのせいではありません。

どちらかといえば、番組制作スタッフの確認ミス、ですよね。

転落するようなセットになっていた、ということですから。

ただ、この件を内村光良さんは気にかけているようなんです。

 

「世界の果てまでイッテQ!」では、みやぞんさんとバービーさんが収録中にケガをされています。

みやぞんさんは、インドのロケ中に左足首を捻ってしまい、その後の仕事にも影響するような大けがをしています。

バービーさんは、ダンスの披露中に、ステップを誤って左足を痛めて全治3ヶ月という大けがを追いました。

これも、内村光良さんの責任ではありません。

ですが、以前自身の番組で死亡者を出した、というトラウマがあり、出演者のケガなどには敏感になっているのではないか、と思いました。

 

これらのことから、もう出演者にケガをさせるような企画がある番組のMCはやりたくない、という思いと、やらせをしてまで視聴率を取ろうとする番組の姿勢に対して怒りがあるのでは、と推測します。

内村光良がイッテQを降板にSNSの反応は?

まとめ

今日は、内村光良さんが「世界の果てまでイッテQ!」を降板するのはなぜなのか、ということを調べてみました。

内村光良さんは以前別の番組で、出演者に死亡者を出しており、今でも出演者のケガに対しても敏感になっていることと、やらせ問題に対して怒りがあり、「降板する」という言葉が出たのではないかな、と推測しました。

 

ネットでは、「内村光良さんがいないイッテQなら打ち切りにしたほうがいい」という声まで聞かれるほど、内村光良さんはなくてはならないMCとなっています。

現在のところ、降板するのでは、という噂の段階ですし、この噂が本当にならないことを願うのみ、です。

 

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント