ジュディマリYUKI(ゆき)の現在が劣化したと噂?アゴが二重で太った?!画像で検証!

エンタメ・芸能

こんにちは!

かなさん(@kanayurin)です!

伝説のバント「ジュディマリ」のYUKIさんが劣化している、と噂です。

ジュディマリといえば、「OverDrive」や「そばかす」「クジラ12号」や「散歩道」といったヒット曲をたくさん持つ、素晴らしいバンドでした。

そのボーカルを務めていたのが、YUKIさんです。

全盛期はとってもオシャレで可愛くて、女性の憧れの的でした。

ですが、2019年現在のYUKIさんに劣化の噂が立っています。

どういうことでしょうか。

調べてみました。

ジュディマリYUKIが劣化した?

元ジュディマリのボーカルYUKIさんが劣化したのでは、と噂されているのが、ジュディマリの再結成についての記事に載っていた写真です。

それがこちら

「ジュディマリゆき 再結成」の画像検索結果

一瞬、「え、だれ?!」と思いませんでしたか?

私は思いました。

ニュースのタイトルが「ジュディマリのYUKI」と書いてあったのですが、まさかこの写真ではないよね、と思ったほどです。

全盛期のあの、オシャレで可愛いYUKIさんの姿ではありませんでした。

 

この写真だけを見ると、顔もふっくらしていて、アゴも二重に見えるし、髪の毛も整っているとは言えません。

光の加減なのか、ほうれい線もかなり目立ちます。

これは一体どうしたことでしょうか。

びっくりしました。

 

ですが、少し違う角度の写真もあったのですが

こちらの写真を見ると、ほうれい線は確かに目立ちますが、お肌がとても綺麗でむしろ47歳という年齢は感じさせないお顔です。

この角度ですと、アゴも二重にはなっていないですし、1枚目の写真の撮り方が良くなかったのではないか、と思いました。

しかも、この取材は突撃取材だったことから、いつものように髪を整えることもメイクもしていないかもしれないのです。

というか、やはり女性というのはメイクと髪型でかなり外見が変わるのです。

それを考慮せずに、なんの準備もしていないところを撮るのは・・・少しルール違反でないでしょうか。

この写真を掲載することを、YUKIさんは知っていたのか。

疑問です。

 

今回の写真では、YUKIさんの劣化が噂されましたが、写真の撮り方と突撃取材が合間って、このような噂が立つような写真ができてしまったのではないかと思います。

ジュディマリYUKIの現在はかわいい?

こちらは2018年のYUKIさんですが

全く劣化などしていません!

むしろ、以前のYUKIさんよりもナチュラルになり、とても素敵です!

 

2児の母であり、歌手であるYUKIさん。

子供がいるというのは、毎日とても忙しく、自分に時間を割くことがとても難しいものです。

ですがYUKIさんは、このミュージックビデオでも以前のように綺麗で可愛くて、きっと子供達も自慢のお母さん、なのではないでしょうか。

 

ジュディマリ再結成の突撃取材では、写真の取られ方により、だいぶ劣化したように写っていましたが、本当のYUKIさんは劣化などしていなくて、以前のかわいいYUKIさんのままでした。

ジュディマリYUKIの劣化の噂とは?

誰!?いやまじで

おばさんはもういいよ

曲も歌詞もパクリだしこんなに太ったら無理だよ

有希さんのイメージ的に大ダメージでしょこれ

うわ コレ 誰よ? ユキちゃんじゃねえよ

チャラと比べてふつうにおばちゃんだな

このようにコメントがついていましたが、これは今回報道された、写真が良くないと思います。

先ほどご紹介した2018年の動画では、まるで劣化など感じさせない様子でしたよね。

かわいいYUKIさんのままです。

突撃取材で素の写真を撮るなんて、本当に失礼な話です。

最後に

今日は、ジュディマリYUKIさんが劣化したのではないか、という噂について調べてみました。

確かに、今回のジュディマリ再結成についての突撃取材の写真では、少し太ったような劣化を感じさせる角度の写真もありました。

ですが、別の角度から見るとまた違いますし、2018年のミュージックビデオなどを見ても、やはり変わらずかわいいYUKIさんがいました。

ですので、今回のYUKIさんの劣化の噂は、写真の角度や撮るタイミングなど、劣化したように映る要因が揃ってしまった写真なのではないかな、と思いました。

 

ジュディマリといえば、本当にポップでかわいい曲ばかりで、昔から大好きでした。

今回のジュディマリ再結成の取材では、まず再結成はなさそうな雰囲気でしたが、もし再結成されるならとても嬉しいなと思います。

 

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

コメント