岡本社長の会見にかわいそうと擁護の声も?宮迫の嘘が問題を大きくした?

エンタメ・芸能

こんにちは!

かなさん(@kanayurin)です!

吉本興業の岡本社長が、宮迫博之さんらの会見を受けて、2019年7月22日の午後3時から会見を開いています。

会見は長時間に及んでいますが、その中でも、元はと言えば宮迫博之さんが金銭を受け取っていないと嘘をついたことが発端である、岡本社長だけが悪いわけではない、というような擁護の声もありました。

確かに、宮迫博之さんが嘘をつくことがなければ、ここまでの問題にはならなかったのかもしれません。

ということで、岡本社長の会見への声をまとめてみました。

岡本社長の会見にかわいそうと擁護の声も?

吉本興業の岡本社長が会見を開きましたが、岡本社長の話し方が棒読みでわかりにくい、なぜ岡本社長が泣くのだ、という批判も多いのが現実です。

ですが、そもそもこのような大問題に発展したのは宮迫博之さんが金銭を受け取ってはいない、と嘘をついたことである、という声も聞かれます。

それは確かにそうですね。

まず嘘をついたのは、宮迫博之さんでした。

それは何らかの処分を受けるべき、案件です。

ですが、宮迫博之さんはその後にきちんと謝罪をしたい、と伝えているということでしたよね。

少しタイミングが遅いと感じましたが・・・

そして、宮迫博之さんは岡本社長にその会見を開かせてもらえなかったから、このような大騒動に発展しています。

やはり、会社としての最初の対応がまずかったのではないか、と感じてしまいます。

岡本社長は辞任しない?

岡本社長の会見の中で、「岡本社長は減俸だけで、辞任はしないのか」という声もたくさん聞かれました。

このように、「岡本社長は辞任しないのか」という声はたくさん聞かれます。

ですが、会見を聞いている限り、岡本社長には辞任の意思はなさそうです。

これはやはり保身なのでしょうか。

岡本社長は減俸処分1年間、としていましたが、それで納得できるものではなさそうです。

 

会見も記者の質問に対してあまりはっきりとした答えがなく、モヤモヤする会見でした。

質疑応答のテンポもかなり悪いように感じました。

実際に記者の1人も「そうではなくて」と途中で思わず口を挟んでしまう場面も。

これでは、世間は納得できませんよね。

岡本社長が質問を理解していないのか。

はたまた、保身のため歯切れの悪い答えになるのか。

わかりません。

岡本社長のプロフィール

 岡本 昭彦(おかもと あきひこ)
生年月日:1966年
年齢:53〜54歳
大学:天理大学外国語学部インドネシア学科卒業

現在は吉本興業の社長である岡本社長ですが、元々はダウンタウンのマネージャーでした。

1991年に天理大学を卒業後、すぐに吉本興業に入社し、その2年後の1993年にはダウンタウンのマネージャーにつきました。

「ダウンタウンのごっつええ感じ」が始まった頃ですよね。

ダウンタウンの後にも色々な芸人さんのマネージャーを経験していますが、岡本社長の担当した芸人さんは皆さん有名になり、現在も活躍しています。

今田耕司さん
東野幸治さん
木村祐一さん
など

 

また、岡本社長はマネージャーだけではなく、吉本興業の東京制作部でチーフプロデューサーにも就任しています。

そこからどんどん昇進してゆき、吉本興業代表取締役副社長にまで上って行きます。

その後も、共同代表取締役社長COOから代表取締役社長になり、現在のYDクリエイション代表取締役社長になります。

そして、2019年の4月に吉本興業ホールディングスの社長に就任します。

岡本社長、現在の社長に就任したのはつい最近だったんですね。

就任早々の大問題で、驚いたことも事実でしょう。

岡本社長のダウンタウンマネージャー時代の動画

岡本社長がダウンタウンのマネージャーをしていた時の動画があります。

それがこちら

岡本社長、入社したばかりということで、流石に若いですね。

そして、こんな体当たりな仕事もしていました。

現在の岡本社長からは考えられない姿ですね。

岡本社長、この頃は良かった・・・とは思わないでしょうか。

最後に

今日は、吉本興業の岡本社長の会見について、お伝えしました。

岡本社長を擁護するような声も聞かれましたが、やはり少数でした。

大多数は、岡本社長の進退を含め、会見自体に納得をしていない感じがします。

答えにくい問題なのか、株主の件など事前に用意していた回答に対しては小林弁護士に変わってしまいます。

岡本社長からの答えではないため、腑に落ちない感じもします。

 

今回の岡本社長の会見で、吉本興業についた悪いイメージは払拭できるのか。

疑問が残ります。

 

 

 

 

 

コメント

  1. にゃーこ より:

    元々の主旨とマスコミの追い込んでるところが違う気がする。なんだか岡本社長が可愛そうにも見えた。もしかしたら、もっと根深いところに吉本興業と芸人との間で疑問をもってた人もいるのかもしれないけど、正直 今回のことは管理外の話しであって、契約書などないことは今後の改善点だと思うし、闇営業をした芸人に対しての言葉がけはパワハラだとも思うけど、急に自分の会社の主力メンバーがそんなことになったら、動揺するのは当たり前だし、闇営業をした芸人に怒りもあっただろうし… 経営陣の気持ちもわからなくない自分自身がいる。。。

  2. 岡本ファン より:

    岡本マネの時から家族で岡もっちゃん好きです
    岡本社長頑張れ

  3. 小川 淳 より:

    嘘ついたのは芸人側です
    嘘ついてから謝りたい、会見さしてくれ、あやまりたい・・・
    りょう君がミスを認めて謝りたいといってましたが、それは
    自分の気持ちを満足させたいからじゃないんでしょうか?

    会社としてうちの芸人はギャラもらってませんでしたとスポンサーに
    説明した後、いや~やっぱりもらってましたを芸人から聞いたら
    事務方、マネージメント側はパニックだと思います。

    すぐ頭に浮かびます相手側から罵倒されることが・・・(自分に置き換えて考えてください)
    芸人本人が頭下げに行くわけじゃないのですから

    最前線は宮迫、亮くんが考えているど、仕事を頂いてくることは簡単では
    ないのですから

    芸人の方はすぐファンに謝りたい、謝罪したいといいますが、マネジャーその他会社
    側にも迷惑をかけていることを理解していただきたい
    芸人ファーストもわかりますが、それをフォローしてるのは普通の社員です、芸人側が社員にどんな理不尽なこといってたかも胸に手をあてて考えてほしいです。芸人がやった不適切案件も、会見ですいませんでした誤り謹慎、奉仕活動・・・
    その後社員の人がどれだけメデイア側に頭下げてると・・・被害を受けるのは謹慎した人たちだけではありませんから不評被害的なものもあるし・・・・・

    りょう君が会見ひらけないと言ってましたが、やめる気があるなら会社に断らないでやればよかったのでは?みんなそうですけどなぜ会社主導の会見を望んでたのでしょうか?出来ないのではなく・・・会社の傘の下で・・・

    みんな岡本社長が回りくどい説明といってますが、しゃべり専門の芸人と比べたら当然見劣りしますよ!

    今回の会見は、しゃべりは下手かもしれませんがレポータが「おわった~」と言うくらいつきあったのですからこれからも課題に向き合って結果出せ!と言いたいです

    岡本社長をやめさせたがる人もいますが、宮迫・亮・岡本・藤原が笑って握手してる姿みんな見たくないですか?俺はまた岡本がレコだー持ってないか?の突っ込みに宮迫が大人対応するような姿がみれればな~と思います。

    入り口は違うけどみんなみんなを笑わせたい!笑いたい!はいっしょだと思ってます