ピエール瀧の改名歴を辿ってみた!本名から過去の芸名までの歴史!

エンタメ・芸能

今日は、テクノユニット「電気グルーヴ」所属の「ピエール瀧」さんの改名についてご紹介したいと思います。

「ピエール瀧」という名前はちょっと変わっていますよね。

しかも、「ピエール瀧」に辿り着くまでになんと3回も改名していました。

そして2019年限定の名前も発表していたんです。

そんな名前の歴史を知りたい方もいるのではないかな、と思い調べてみました。

ピエール瀧のプロフィール

★ 生年月日 1967年4月8日

★ 出身地 静岡県静岡市葵区

★ 血液型 AB型

★ テクノユニット「電気グルーヴ」所属

★ 妻と娘1人の3人家族

★ 出演TV/映画

TV 「いだてん」「陸王」「とと姉ちゃん」など

映画 「ALWAYS三丁目の夕日」「シン・ゴジラ」「アウトレイジ」など

本名

ピエール瀧さんの本名は「瀧 正則」と書いて「たき まさのり」と読みます。

ピエール瀧さんの「瀧」は本名の苗字から取っていたのですね。

畳三郎

まず最初に、石野卓球さんとのユニット「人生」では「畳三郎」を名乗っていたそうです。

「人生」は1985年に結成された、電気グルーヴの前身といえるユニットです。

なぜに畳?と思われるかも知れませんが、実はピエール瀧さんの実家は畳屋さんなんです。

ピエール瀧さんの父親が始めた畳屋だそうです。

祖父は日本画家、ということで、畳屋さんは父親の代から始めたようですね。

ピエール畳

次は「ピエール畳」

こちらは「電気グルーヴ」に参加したときに、改名したそうです。

「電気グルーヴ」は1989年に結成されているので、この年から「ピエール畳」になったんですね。

この名前の由来は「英語圏の人名を冠したミュージシャンは数多くいるが、フランス語圏の人名を冠したミュージシャンは少ないから面白いのでつけた」ということです。

なるほど。

人と同じではつまらない、という意識からこの名前になったんですね。

ジョルジュ・F・ピエール三世

そして、「ジョルジュ・F・ピエール三世」に改名します。

これも、改名するときに「ジョン」とか「ジャック」とかイギリス・アメリカ系の名前が多かったから、「フレンチいないな」ってことでフレンチな名前にしたそうで。

前回も、フレンチでしたけれども。

このときは「ジョルジュ・F・ピエール三世」とフレンチっぽい名前をつけたということです。

特に思い入れがあるわけではなく、なんとなく雰囲気で、という感じで。

ノリで改名してしまうところも、ピエール瀧さんらしいですね(笑)

ピエール瀧

今現在の「ピエール瀧」という名前はどうやら、レベッカのNOKKOとSHAKEが結婚した際のスポーツ新聞の記事の見出しが「NOKKO・SHAKE 結婚」という、一体何なのかわからないものだったことから、自分の「畳」という名前にも疑問を抱いて、「ピエール畳」ではなく「ピエール瀧」に改名したそうです。

その後は「ポンチョ瀧」に改名すると宣言したり、期限つきで「ピエルー瀧」に改名するとラジオで発言したりと、度々自身の芸名で遊んでいるそうですが、実際には改名はしていないようです。

ウルトラの瀧

そして、電気グルーヴ30周年ということで2019年限定で「ウルトラの瀧」に改名しました。

こちらは同じ電気グルーヴの石野卓球さんが命名されたそうです。

命名理由は「おもしろいから」

TBSラジオの「たまむすび」へのゲスト出演の際に、「ピエール瀧」から「ウルトラの瀧」に改名すると、「ピエールさん!」って呼ぶ人が「ウルトラさん!」って呼ぶようになるのか!などの、命名裏話しをされていました。

最後に

今日ご紹介したように、何回も改名しているピエール瀧さんですが、実際には

結局みんな「瀧さん」と呼ぶそうです(笑)

ですので、改名に対してあまり抵抗もないのかも知れませんね。

 

ピエール瀧さんの改名の歴史はいかがでしたでしょうか?

「おもしろいこと」「人と違うこと」を選んでいくピエール瀧さんらしい名前が並んでいましたよね。

 

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

 

 

 

 

コメント