【萩原健一】ショーケンの「GIST」ってどんな病気?いつから闘病してたの?

エンタメ・芸能

萩原健一さんが、3月26日に「GIST」(消化管間質性腫瘍)という病気で亡くなりました。

68才ということですので、まだまだこれから、という年齢ですよね。

その萩原健一さんが亡くなった原因である「GIST」(消化管間質性腫瘍)とは、どんな病気なのでしょうか?

そして、いつから闘病されていたのでしょうか。

調べてみました。

萩原健一さんが闘病していた病気「GIST」とは?

GIST(ジスト)は、消化管間質腫瘍を示す英語Gastrointestinal Stromal Tumorの略称です。GISTは、胃や小腸(大腸、食道はまれ)など、消化管の壁にできる転移再発を起こす悪性腫瘍の一種(肉腫)で、粘膜から発生する胃がんや大腸がんとは異なる性質を示します。

GISTは、粘膜の下に腫瘤(しゅりゅう:こぶ、かたまり)状の病変を形成する粘膜下腫瘍の1つです。消化管壁の筋肉の間にある神経叢(しんけいそう)に局在する「カハールの介在細胞(Interstitial Cells of Cajal)」に分化する細胞から発生します。「カハールの介在細胞」自体は、広く消化管に分布し、消化管運動のリズムをつくったり、調節したりする大切な細胞です。

図1 消化管の構造とGISTの発生する場所(胃の場合)
図1 消化管の構造とGISTの発生する場所(胃の場合)の図

要するに、がん(悪性腫瘍だった)ということです。

 

症状は、病変が大きくなっても自覚症状が少ない腫瘍らしく、腹痛や腫瘍からの出血による下血、貧血などの症状があらわれることがあるそうです。

また、切除することが可能な場合は、手術を行います。

完全に切除できたとしても、手術を行った後に肝臓や腹膜への転移を起こすことがあるということ。

転移・再発の可能性が高い悪性腫瘍なんですね。

しかも、自覚症状が少ないということは、見つかりにくく見つかった時には進行している、という状態でしょうね。

萩原健一さんは、どのくらいの状態で見つかったのでしょうか。

早期発見でも、転移の確率が高いということは、治療も難しそうです。

 

そして、この病気の発生頻度ですが、10万人に1~2人と少なく、希少がんの1つに位置付けられます。

日本では、発生部位として胃の割合が70%と高く、次いで小腸20%、大腸および食道が5%となっているようです。

今回、萩原健一さんは珍しい希少がんにかかってしまったということ。

希少がんでは臨床結果も少ないでしょうし、ますます治療は難しそうです。

萩原健一さんはいつから闘病していた?

萩原健一さんがいつから闘病していたか、ということは、所属事務所が公表していて2011年からということです。

今年は2019年ですので、8年間もの間、病気と戦っていたということです。

再発や転移に怯えながらの8年間。

とても長かったと思います。

想像するだけでも、胸が痛いです。

本人の強い希望により、病気は亡くなるまで公表していませんでした。

周囲には何も言わずに、病と戦いながら、淡々と仕事をこなしていたんですね。

とても強い精神力をお持ちだったということです。

そして、「プロ」だったんですね。

萩原健一さんへのネットの反応は?

この大きなニュースに、ネットでもたくさんのコメントが寄せられています。

みなさん、萩原健一さんの死をとても悲しんでいます。

亡くなるには、若すぎましたよね。。。

最後に

今回、萩原健一さんの亡くなった原因である「GIST」という病気を調べてみました。

消化管にできる希少な、悪性腫瘍ということでした。

そのGISTと8年間も戦ってきた萩原健一さん。

さぞかし大変だったことと思います。

ネットでも早すぎる死を、みなさんとても悲しんでしました。

萩原健一さん、お疲れ様でした。

これからはゆっくり休んでくださいね。

 

最後になりますが、萩原健一さんのご冥福をお祈りします。

コメント