matt(マット)歌声フルバージョン動画はこれ!ピアノもうまい理由はなぜ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ・芸能
スポンサーリンク

こんにちは!

かなさんです。

桑田真澄さんの息子さんMattさんは実はとっても歌が上手いのです!

その歌声の美しさには、本当に驚かされます。

Mattさんの歌声はどんな感じのか、気になりますよね。

また、Mattさんはピアノも上手いんです。

なぜ、ピアノまで上手いのか。

その理由についても、調べてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Matt(マット)の歌声フルバージョン動画はこちら!

まずは、マットさんの素晴らしい歌声をフルバージョン動画でご紹介しますね!

「予想もつかないStory」という曲です。

いかがでしょうか。

マットさんの歌声はとっても綺麗ですよね。

 

こちらはなんと、マットさんが作詞作曲をした曲なんです。

マットさんの才能も素晴らしいです。

驚きですよね。

Mattが歌が上手いのはなぜ?

では、マットさんはなぜこんなにも歌が上手いのでしょうか。

 

実は、マットさんは「絶対音感」を持っているようなのです。

「絶対音感」とは、音を聞くだけでそれを再現できる才能のことを言います。

 

マットさんはピアノも弾きますが、ピアノ演奏時には基本的に楽譜は見ないそう!

楽譜を見ないで弾ける、なんて、想像もつきません。

ピアノを始めた理由は?

マットさんは、7歳の時からピアノを始めています。

 

というのも、父親の桑田真澄さんが右ひじの靭帯断裂のリハビリにピアノを勧められ、自宅にグランドピアノを置かれたことから、だったようです。

自宅にピアノと音楽がある環境で、きっとおもちゃで遊ぶようにピアノに触れていたのではないでしょうか。

 

そして、絶対音感も持ち合わせていた。

マットさんは、生まれながらにして歌やピアノの道を進むことになっていたのかもしれません。

ピアノは独学?

マットさんのピアノや歌の才能は素晴らしいものですが、どこかで習ったのでしょうか。

 

マットさんの音楽活動は

7歳の時、父が肘のリハビリのために弾いていたピアノの影響を受け音楽を始める。

当時は野球チームに所属していたが、ピアノ、バイオリン教室にも通うようになる。

中学生になると音楽活動に専念し、ドラム・フルート・アルトサックスなどを担当した。


堀越高等学校に進学し吹奏楽部に入部。


1、2年生の時はアルトサックス、3年生で部長になると アルト・ソプラノサックスを担当した。


また、団長として参加した「第52回東京都高等学校吹奏楽コンクール」で金賞を獲得した。


桜美林大学「芸術文化学群・音楽専修」で学び、ピアノ・サックスのほか作曲活動にも励んでいる。


引用:「Life is Art」

となっています。

 

ピアノやバイオリン教室に通っていたんですね。

また、ドラム・フルート・アルトサックスなども担当するという多才さ。

普通は、楽器というのは1種類を担当することが多いと思うのですが。

 

さらには大学でも音楽を学んでいます。

マットさんはタレントとして有名になりましたが、元々は音楽の道を進んでいたのですね。

Matt(マット)のプロフィール

Matt(マット)

本名:桑田将司(くわたまさし)
生年月日:1994年7月18日
出身地:東京都世田谷区
血液型:A型
身長:181センチ
体重:64キロ
職業:ミュージシャン・モデル・タレンド

マットさんの今後の音楽活動も、楽しみです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ・芸能
スポンサーリンク
KANATABI!

コメント