台風19号2019の進路予想!東京関東への影響は?米軍・ヨーロッパの最新予想!(ハギビス)

季節

こんにちは!

かなさん(@kanayurin)です!

2019年10月6日(日)の午前3時に台風19号が発生しました。

今回の台風の名前は「ハギビス」という名前で、フィリピンが提案した「すばやい」という意味の名前です。

その台風19号2019はハギビスは、もしかしたら今年一番強い勢力の台風となり、日本列島へ接近する可能性がある、という予想もあります。

5日後の10月11日金曜日には、中心気圧940hPa、最大瞬間風速65メートルにまで発達し、日本列島南の沖縄周辺へ到達する見込みのようです。

最悪の場合には、日本列島を縦断する進路を取る可能性もあります。

ということで、気になる台風19号2019ハギビスの進路予想を、米軍・ヨーロッパ、またWindyや気象庁などの最新情報も確認しながら、東京・関東への影響を確認していきたいと思います。

地球史上最大といわれる台風19号2019が東京・関東地方へ上陸か?

今回の台風19号2019ハギビスは、なんと「地球史上最大級かもしれない」と言われています。

米航空宇宙局(NASA)と海洋大気庁が連携して運用している気象観測衛星「スオミNPP」が日本に接近している台風19号を宇宙からとらえた。
渦状の雲の幅は南北で2000キロ以上に及んでおり、米国内では「スーパー・タイフーン」として紹介されている。
AP通信によれば、「ハギビス」と呼ばれている19号は大西洋上で発生するハリケーンの規模を示すカテゴリーでは最大級の「5」。
米国内の気象専門家からは「存在しない6に相当する」という意見も出始めている。

引用:スポニチ

上の画像でもわかりますが、ありえない大きさの雲の渦となっていますよね。

この台風19号について、アメリカの気象専門家がこれまでには「存在しない」と言われるレベルの台風になる可能性もある、と言っています。

地球史上最大級の台風、ということですね。

この進路にあたる、東京・関東地方は本当にどうなってしまうのか、今から心配でなりません。

今後の進路はどうなるのか。

上陸はするのか。

いつくらいに最大に接近するのか。

など、気になることがたくさんあります。

ということで、これから台風19号2019の最新進路について見ていきたいと思います。

台風19号2019の進路予想!米軍の最新の進路予想と東京・関東への影響は?

台風19号は現在、東京・関東地方に上陸するルートに進路を変えて着々と進んできています。

このまま進んでいくと、2019年最大の台風に発達した台風19号が東京・関東地方に上陸する見込みです。

先日も、台風15号が関東に上陸し、甚大な被害を受けたばかりです。

また同じような巨大な台風が接近してくるのでしょうか。

早速、米軍の発表している台風の情報を見てみましょう。

この画像の右上に赤い矢印で示されているTD 20Wが、今回の大型台風になると言われている台風19号ハギビスです。

米軍の画像の表示には段階があり、黄色い円(LOW)の熱帯低気圧から、オレンジ(MEDIUM)から赤(HIGH)と発達していって、赤い矢印の表示がされるとそれが台風Tropical Cycrone(トロピカル サイクロン)になった、ということになります。

矢印がつかない状態では、まだ台風と認定されていない、ということですね。

そして今回はすでに赤い矢印がついていますので、こちらが「台風19号ハギビス」になります。

 

気になる進路はどのようになっているのか見てみると

台風19号がどんどん大きくなっていることがわかりますよね。

そして、日本列島の東京方面へと、進路を変えています。

こちらはあくまでも予想ですが、このままの進路を辿れば間違いなく東京直撃となります。

台風19号の中心部分が、東京都心のど真ん中を通過している予想です。

三連休ということで、会社などはお休みになっていますが、それでも飲食店やデパートなどは営業をしていることでしょう。

危険はないのでしょうか。

これは、今後の台風情報について、かなり注意が必要です。

ヨーロッパの最新の進路予想は?東京・関東は三連休に影響しそう?

では次に、ヨーロッパの最新進路予想はどうなっているのか、見てみます。

 

10月11日(金)には日本列島の関東の南にすでに近付いています。

10月12日(土)には、さらに日本列島に接近していて、大阪などの関西地方に影響が出ていそうです。

10月13日(日) には、北上し東北地方に向かっています。

10月14日(月)には、日本列島の東の海上に台風19号は離れていますね。

台風19号ハギビスは、10月11日(金)には大阪など関西地方接近し、さらには、10月12日(土)東京・関東地方に接近もしくは上陸、そして、10月13日(日)には東北地方へ移動する、という進路が予想されています。

ということは、10月12日(土)〜にはこちらの予想通りになった場合、東京・関東に上陸している可能性があります。

2019年で最大、地球史上最大、とも言われる台風19号が東京・関東地方に上陸となれば、また先日の台風15号ような被害も予想されますよね。

これは、今から最悪の場合を想定して準備をしておいた方がいいのかもしれません。

 

ということで、ヨーロッパの予想ですと、台風19号は最悪の場合、東京・関東に上陸の危険があります。

しかも、今回の台風は2019年で一番強い勢力、また地球史上最大級になるかもしれない、という予想ですよね。

この台風19号の今後の進路には、かなり注意が必要です。

今から、台風情報はこまめにチェツクして、万が一のために準備しておきましょう。




Windyの最新の進路予想は?東京・関東への影響は?

Windyはヨーロッパの情報と連動しています。

ですので、ヨーロッパの予報が変われば、自動的にWindyも変わるようになっています。

Windyの予想を見ますと、10月12日(土)の夕方くらいから、すでに台風の影響が出てきそうです。

そして、深夜遅くには台風19号が東京・関東に上陸している恐れがあります。

台風は右側が特に風や雨などの影響が強いと言われていますので、東京・関東の台風19号のピークは12日(土)の夕方から朝方にかけて、と考えられるのではないでしょうか。

三連休ということで、お出かけの予定を入れている方もいらっしゃると思いますが、台風情報をよく確認して無理な外出は控えた方が良さそうな予想となっています。

 

東京・関東の方には台風19号が上陸する可能性があり、三連休のお出かけに影響が出ますので、台風19号の今後の予報にはかなり注意が必要ですね。

気象庁の最新の進路予想は?東京・関東への影響は?

次は、気象庁の予想も確認してみたいと思います。

台風情報(全体)

気象庁の予報では、2019年10月13日(日)までの進路予想となっています。

 

ですが、10月12日(土)15時時点の台風19号の勢力は「非常に強い」台風となっており、

強さ 非常に強い
存在地域 御前崎の南南西約200km
予報円の中心 北緯 33度00分(33.0度)
東経 137度20分(137.3度)
進行方向、速さ 北 20km/h(12kt)
中心気圧 940hPa
中心付近の最大風速 45m/s(90kt)
最大瞬間風速 65m/s(130kt)
予報円の半径 110km(60NM)
暴風警戒域 全域 300km(160NM)

中心の気圧は940hPaで、最大風速は45m/秒、最大瞬間風速は65m/秒

という予想で、さらにここから勢力が増す、という予測も出ています。

台風19号は2019年で一番強力な台風となり、日本列島に向かってくるかもしれないと言われているのです。

気象庁の進路を見ても、東京を直撃しています。

この大きさの台風が直撃するとなると、かなり危険なのではないでしょうか。

心配になってきます。

 

この台風19号、すでにかなりの勢力になっています。

今後も、さらに強力になるという予想がありましたね。

こちらでも最新の情報を更新していきますが、台風19号ハギビスの情報のチェックは常にしておいた方が良さそうです。

今後の進路次第では、また東京・関東に被害が出ることが予測されますから。

ウェザーニュースの最新の進路予想は?東京・関東への影響は?

最後に、ウェザーニュースの最新の台風19号の、進路予想も見てみましょう。

ウェザーニュースの最新予想も、気象庁と同じく10月13日の(日)までとなっていました。

ですが、ウェザーニュースでも台風19号が「非常に強い」勢力に発達する、と予想を発表しています。

そして

12日(土)夜には非常に強い勢力か強い勢力で、東海、関東に上陸する見込みです

と伝えていますね。

本当に不安になる予想です。

台風19号2019は前回の台風15号に匹敵する、もしくはそれ以上の台風になることが予想されています。

台風15号でも、鉄柱が倒れて家屋を押しつぶしたり、風による被害はかなりのものでした。

停電もなかなか復旧せず、たくさんの人が不自由な生活を余儀なくされましたよね。

その台風15号よりも強力になると言われている、この台風19号がどのくらい危険な台風であるのか、想像がつきます。

これはやはり、こまめに台風情報をチェックして、今後の対策を考えていくしかなさそうですね。

台風に備えて準備しておいた方いいこととは?(食料品・飲料水など)

台風の備え、といって思い浮かぶのはやはり「食料品」や「飲料水」です。

先日の台風15号では、千葉県で大規模な停電が起こり、復旧までにもかなりの時間がかかりました。

もしかしたら、またそのような事態になるかもしれないのです。

とても不安です。

そんな時、生きるために欠かせない食料品や飲料水の備えはどうしたら良いのでしょうか。

 

まずは用意しておいた方がいいのは

飲料水3日分(1日あたり1人3リットルが目安)
非常食3日分の食料(ビスケット、板チョコ、乾パンなど)

です。

これは、台風以外の災害の時の備えにもなりますので、いつも用意しておけると安心です。

 

その他には、生活必需品である

紙類(トイレットペーパーやティッシュペーバー)
停電の時に慌てないように
マッチやライターにローソクやライト、ランタンなど
ガスが使えない時に困らないように
備えてのカセットコンロや固形燃料

また、断水などでトイレが使えない場合の生活用水のための

お風呂の残り湯やポリタンクへの貯水

など。

いろいろなライフラインがストップした場合のことを考えて、準備をすると安心だと思います。

 

まずは、このくらいの準備があれば、とりあえずは安心だと思います。

最悪の事態になっても、3日間をしのげれば、支援などが受けられるようになるはずです。

ですので、まずは3日間を自力でどうにかできる備えが必要です。

今回の台風19号は本当に勢力が強いと言われています。

油断することなく、準備をしておきましょう。

非常用の食料品や飲料水は、そのまま普段の備えに移行できますからね。

台風に備えて準備しておいた方いいこととは?(車やバイクの場合)

台風に備えるといえば、気になるのは車やバイクもあるのではないでしょうか。

水没してスクラップ行き、なんて想像しても青ざめてしまいます。

車やバイクを所有している人は、何を準備したら良いのでしょうか?

 

強い勢力の台風の場合、雨風ともにかなり強まります。

その場合、大きな看板や植木鉢が飛んできて車に当たり傷をつけたり、付近の川が氾濫したりして水没する恐れなど、いろいろな被害が想定できます。

 

車やバイクなどは、水没すると電気系統やエンジンがダメになり「全損」という扱いになります。

その場合、修理ができたとしても高額な費用がかかります。

最悪、修理はできずにスクラップ行き、の可能性もあります。

そんなことにならないような準備が必要ですよね。

 

今回の台風19号は、高潮と重なるため、水害も予想されています。

川などの氾濫ですね。

ということは、台風の水害に備えて準備できることは、

高い海抜の場所に車やバイクを移動する

ことです。

近くに、デパートや、ショッピングセンターなどの、立体駐車場などがあればベストです。

ただ、暴雨が強くなってからでは大変危険ですので、必ず、台風がひどくなる前に車やバイクを移動しましょう。

まずは身の安全が最優先です。

暴雨風がひどくなってしまった場合は、車やバイクよりも身の安全を確保しましょうね。

 

そして、高台や立体駐車場に移動する場合でも、風の当たりにくい場所に停められると一番安心です。

なぜなら、風速50メートルくらいの風が吹くと、車は簡単に飛ばされます。

せっかく高台や立体駐車場に移動したのに、風で煽られてひっくり返るようでは移動した意味がなくなってしまいますよね。

ですので、車やバイクは出来るだけ風の影響を受けないことを考えて、移動をさせましょう。

台風に備えて準備しておいた方がいいこととは?(一軒家・マンションなどの自宅など)

台風に備える場合、食料や飲料水などはもちろんですが、自宅の中や外も準備をしておきましょう。

大きな台風であればあるほど、自宅への被害が心配されます。

屋根の瓦が飛んだり、植木が倒れたり、窓ガラスが割れたり、など様々なことが考えられますよね。

そんな時、何を準備しておけばいいのでしょうか。

 

まず第一に備えるのは、自宅の窓ガラスの強化です。

ガラスは丈夫にできていますので、台風の風で窓ガラスが割れることはありませんが、台風の風によって飛んできた物が当たってガラスが割れる被害は、とても多いのです。

その場合、部屋の中にガラスが散乱したり、最悪の場合、寝ている自分の上にガラスが降ってきます。

とても危険ですよね。

 

ということで出来る準備として、まずは、雨戸やシャッターを閉めておきましょう。

これで、窓ガラスに直接物が当たることはなくなり、ガラスが割れることもなくなります。

雨戸やシャッターがへこんでしまうかもしれませんが、窓ガラスが割れるよりもマシですよね。

 

ただ、雨戸やシャッターがないお家や窓もあります。

そんな場合にできることは、

窓ガラスの内側に強化フィルムを貼る

ことです。

ですが、普通は家庭に強化フィルムなんて常備していませんよね。

買いに行く時間がなかった場合は、代替えで対応出来ます。

自宅にあるもので出来る対策としては

ダンボールを窓に貼り付ける

ことです。

しっかりとガムテープで貼りましょう。

そしてさらには

カーテンをしっかり閉める

ようにしましょう。

この2つを準備しておけば、万が一窓ガラスに何かがぶつかって割れても、家の中にガラスが飛び散ることはなくなり、だいぶ危険は取り除けます。

家の窓全部にダンボールを貼り付けるのが大変でしたら、風が当たる方の窓や、寝室の窓など、割れやすかったり危険だったりする窓を優先して、つけておくといいかと思います。

 

その他にやっておきたいこととしては、自宅のベランダや庭にある物は家の中にしまいましょう。

これは、自分の家に飛んできて当たる心配もありますし、また近隣の家へ被害を及ぼしてしまう可能性にもなります。

そして、物干し竿も取り外しておきましょうね。

強風で物干し竿が飛ぶこともあるのです。

あんなに長くて重いものですが、風が強ければ飛ぶのです。

驚きますよね。

大変危険ですので、特に風の強い台風の時は注意が必要です。

 

大きな台風の場合は特に、自分の自宅を守るだけではなく、他の家屋や人に被害が及ばないような気遣いも大切になってきます。

お互い、気をつけて台風に備えましょうね。

台風19号2019の進路予想!米軍・ヨーロッパの最新情報と東京・関東への影響は?(ハギビス)まとめ

台風19号2019の進路予測を、米軍やヨーロッパなどの最新予測をみながら、東京・関東への影響はありそうなのか、検証してみました。

現在、ヨーロッパの予想が一番長く出ていますが、最悪の場合、東京・関東地方に上陸する、という予測になっていました。

東京・関東への台風19号の上陸の可能性が高くなってきた、ということです。

台風15号の被害を受けた傷も癒えないところに、さらに巨大な台風19号が来るかもしれない状況です。

ですが、台風の進路というのは、予想通りに行かないこともたくさんあります。

現状では、まだまだ進路の特定はできませんし、東京・関東地方から逸れてくれる可能性もないわけではありません。

ですが、油断は禁物です。

最悪の場合も想定しながら、台風19号2019についての情報はこまめにチェックをしておきましょう。

↓台風対策グッズはこちら↓

 

季節
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント