台風19号2019の進路予想は?米軍・ヨーロッパの最新予想と大阪や京都など関西への影響は?(ハギビス)

季節

こんにちは!

かなさん(@kanayurin)です!

2019年10月6日(日)の午前3時に台風19号が発生しました。

台風19号2019の名前は「ハギビス」といいます。

フィリピンが提案した名前で、意味は「すばやい」ということです。

そして、なんとこの台風19号ハギビスは、2019年最大の台風になるかもしれないという予想があります。

先日の台風15号もかなりの勢力でしたが、今回の台風19号はそれを上回る、とも言われています。

予想では、10月11日金曜日には「中心気圧915hPa、最大瞬間風速75メートル」にまで発達し、日本列島に接近するかもしれないということです。

10月12日から始まる、三連休のレジャーなどにも影響があるかもしれませんよね。

ということで今日は、台風19号2019ハギビスの進路予想を、米軍・ヨーロッパ、またWindyや気象庁などの最新情報も確認しながら、大阪・関西への影響を予想していきたいと思います。

台風19号2019ハギビスの米軍最新の進路予想と大阪・京都など関西への影響は?

台風19号ハギビスは現在、南鳥島近海にあり、西へ向かって時速25キロの速さで進んでいます。

中心気圧は915hPa、最大風速は55m/秒、最大瞬間風速は75m/秒とかなり勢力を増してきていますが、このままですと2019年最大の台風になるのではないか、と言われています。

すでに10月になりますが、まだまだ台風には油断ができない、という状況ですね。

ではさっそくですが、米軍の発表している台風の情報を見てみましょう。

この画像の右上に赤い矢印で示されているTD 20Wが、台風19号ハギビスです。

「HAGIBIS」という名前が付いていますね。

米軍の画像の表示には段階があり、黄色い円(LOW)の状態では、まだ温帯低気圧です。

この熱帯低気圧が成長していくとオレンジの円(MEDIUM)になります。

さらに赤い円(HIGH)になり、赤い矢印の表示がされるとそれが台風Tropical Cycrone(トロピカル サイクロン)になったということです。

黄色い円になっても、そのまま消える場合もありますし、オレンジの円になっても消える場合もあります。

円で囲まれた熱帯低気圧の中で、赤い円になり矢印が付いたものが台風と認定されるわけです。

そして今回はすでに赤い矢印にさらに名前がついていますので、これが「台風19号ハギビス」ということです。

 

では、2019年最大の台風になるかもしれないと言われている台風19号の進路についてみてみると

円がどんどん大きくなっていることがわかりますね。

やはり発達しながら、日本列島に接近してくるようです。

米軍の予想ですと、沖縄から東寄りに進路を変え、東京に向かうような予想となっています。

大阪・京都などへの上陸の恐れは少ない、という予想になっていますが、台風の進路予想は絶対ではありません。

油断することなく、今後の台風情報についても注意が必要です。

ヨーロッパの最新の進路予想は?大阪・京都など関西の三連休に影響しそう?

では次に、ヨーロッパの最新の進路予想がどのようになっているのかを確認したいと思います。

 

10月11日(金)

すでに台風19号は、日本の四国の南に位置しています。

10月12日(土

台風19号は大阪・京都に接近していることが予想されます。

10月13日(日)

東北地方に台風19号が向かっている、予想となっています。

10月14日(月)

三連休の最終日には、日本の東の海上へと台風19号が離れて行く予想です。

台風19号ハギビスが、大阪・京都などの関西地方に影響を及ぼすのは、ヨーロッパの最新予想をみる限りでは、10月12日(土)〜がもっとも可能性が高いようです。

詳しい時間帯などは出ていませんが、台風というのは右側が雨風共に強まる傾向があるようですので三連休の12日(土)〜13日(日)にかけては台風19号の影響があると想定しておいた方がいいかもしれません。

 

ということで、三連休にお出かけの予定がある方は、後半に予定を入れておいた方がいいのかもしれませんね。

とはいえ、台風の進路は突然変わることもありますし、進むスピードも変わります。

あくまでもこちらは、現時点での予測です。

ですので、お出かけの際にも、台風情報はこまめにチェツクして、注意しておくことをオススメします。




Windyの最新の進路予想は?大阪・京都など関西への影響は?

Windyはヨーロッパの情報と連動していますので、ヨーロッパの予想が変われば、Windyの情報も変わる仕組みになっています。

では、そのWindyを確認してみたいと思います。

Windyは風の向きや雨量など、たくさんの情報が時間をおってみることが出来るので、とてもオススメです。

そして、こちらの情報をみてみますと、10月12日(土)の朝方くらいから台風19号の影響が出てきそうですね。

そして、12日(土)の午前中から夜にかけて大阪・京都の関西地方にもっとも接近する予想が出ています。

そのまま台風は進み、13日(日)の午前中の早い時間には大阪・京都を抜けている予想です。

大阪・京都付近への台風19号の上陸はなさそうですが、限りなく近くに接近しています。

しかも、今回の台風19号はとても勢力が強い台風だと言われています。

進路についても直前で変わる可能性もあることから、油断することなく台風情報には注意していきましょう。

 

Windyの予想でも、10月の三連休には影響が出ると予測できますので、お出かけなどの予定がある方は、台風19号の今後の予報にはかなり注意が必要ですね。

気象庁の最新の進路予想は?大阪・京都など関西への影響は?

続いては、気象庁の最新の台風19号の進路予測についてみていきたいと思います。

台風情報(全体)

気象庁の予報では、2019年10月13日(土)午後3時までの予想が出ています。

 

ですが、日本にもっとも近付いている10月12日(土)午後3時時点の台風19号の勢力は「非常に強い」台風となっているようです。

強さ 非常に強い
存在地域 御前崎の南南西約200km
予報円の中心 北緯 33度00分(33.0度)
東経 137度20分(137.3度)
進行方向、速さ 北 20km/h(12kt)
中心気圧 940hPa
中心付近の最大風速 45m/s(90kt)
最大瞬間風速 65m/s(130kt)
予報円の半径 110km(60NM)
暴風警戒域 全域 300km(160NM

中心の気圧は940hPaで、最大風速は45m/秒、最大瞬間風速は65m/秒

先日、関東地方に上陸した台風15号よりも強い台風になるかもしれない、という予想も出ています。

このような強力な台風が、また日本列島に上陸する可能性も出てきているのです。

 

こちらでも最新の情報を更新していきますが、今後の台風19号の進路については注意が必要なことがわかります。

今後の進路次第では、大阪・京都などの関西地方に被害が出ることも予想されますので、台風情報はこまめにチェックをして様子を見た方が良さそうですね。

ウェザーニュースの最新の進路予想は?大阪・京都など関西への影響は?

最後に、ウェザーニュースの最新の進路予想をみてみたいと思います。

ウェザーニュースの最新予想も、10月13日の(日)まで、ですね。

10日(木)15時現在、明瞭な台風の目を持ち、猛烈な勢力です。12日(土)夜には非常に強い勢力か強い勢力で、東海、関東に上陸する見込みです。台風への備えや避難の準備は待ったなしです。

台風19号は10日(木)すでに「猛烈な」勢力に発達している、ということです。

その先の台風の勢力がどうなるか、心配になりますね。

そして、非常に強い勢力で、東海・関東に上陸する見込み、とも言われています。

やはり、10月の三連休は台風19号の影響が出る、と仮定して予定を立てた方が良さそうですね。

万が一、飛行機などで旅行の予定を入れていた場合、飛行機が欠航するなどの可能性もあります。

せっかくの旅行が台無しになってしまいますよね。

ですので、これから予定を立てる方は台風19号が上陸する可能性も考えて、予定を入れましょう。

 

そしてやはり、こまめに台風情報をチェックして、万が一の時の対策を考えておいた方が良いと思います。

台風に備えて準備しておいた方いいこととは?(食料品・飲料水など)

台風の備え、といって思い浮かぶのはやはり「食料品」や「飲料水」ですよね。

先日の台風15号では、千葉県で大規模な停電が起こり、復旧までにもかなりの時間がかかりました。

そのような事態になることは、どこでも可能性があるのです。

ということで、生きるために欠かせない食料品や飲料水の備えはどうしたら良いのでしょうか。

 

まずは最低でも用意しておいた方がいいのが

飲料水3日分(1日あたり1人3リットルが目安)
非常食3日分の食料(ビスケット、板チョコ、乾パンなど)

です。

これは、台風以外の地震などの備えにもなりますので、いつも用意しておけるといいですね。

 

ほかには、

紙類(トイレットペーパーやティッシュペーバー)
停電に備えてのマッチやライターにローソクやライト
ガスが使えない場合に備えてのカセットコンロや固形燃料

また、断水などでトイレが使えない場合の

生活用水

これは、お風呂のお湯をとっておくと良いですね。

もしくは、ポリタンクに水道水を入れておく、など。

 

そんなに難しいことはなく、このくらいの準備があれば、とりあえずは安心だと思います。

最悪でも3日間をしのげれば、何かしらの支援を受けられるように、日本はなっています。

ですので、もし何か被害にあっても、3日間が勝負なのです。

今回の台風19号は本当に勢力が強いと言われています。

油断することなく、準備をしておきましょう。

食料品や飲料水は、そのまま普段の備えに移行できますからね。

台風に備えて準備しておいた方いいこととは?(車やバイクの場合)

台風に備える、といっても様々な所に対しての準備が必要となるのです。

例えば、車やバイク

車やバイクを所有している人は、何を準備したら良いのでしょうか?

 

強い勢力の台風の場合、雨風ともに強まります。

その場合、大きな看板や植木鉢が飛んできて車に当たり傷をつけたり、付近の川が氾濫したりして水没する恐れなど、心配事はいろいろありますよね。

車やバイクなどは、水没すると電気系統やエンジンがダメになり「全損」という扱いになります。

その場合、もし修理をするにも高額な費用がかかることになるのです。

最悪、修理はできずにスクラップ行き、の可能性もあります。

 

今回の台風19号は、高潮と重なるため、水害も予想されています。

ということは、台風に備えて準備できることは、

少しでも高い海抜の所に車やバイクを移動する

ことです。

近くに、デパートや、ショッピングセンターなどの、立体駐車場などがあればベストです。

ただ、暴雨が強くなってからでは大変危険です。

必ず、台風がひどくなる前に、車やバイクを移動しましょう。

身を危険に晒してまで、車やバイクを守ることはしないようにしてください。

まずは身の安全が最優先です。

 

そして、できれば立体駐車場の中でも壁の近くなど風の当たりにくい場所に停められると一番安心です。

なぜなら、風速50メートルくらいの風が吹くと、車は簡単に飛ばされます。

立体駐車場に停める場合、上に行けば行くほど、雨からは車やバイクを守ることができますが、今度は風の被害に合う危険が出てきます。

ですので、車やバイクは出来るだけ風の影響を受けないことを考えて、移動をさせましょう。

台風に備えて準備しておいた方がいいこととは?(一軒家・マンション共通)

台風に備える場合、食料や飲料水などはもちろんですが、自宅を守る準備もしておきましょう。

大きな台風であればあるほど、自宅への被害が心配されます。

屋根の瓦が飛んだり、窓ガラスが割れたり、など様々なことが考えられますよね。

そんな時、何を準備しておけばいいのでしょうか。

 

まず第一に備えるのは、自宅の窓ガラスの強化です。

といっても、窓ガラスを強固なものに変える、ということではありません。

台風の風だけで、窓ガラスが割れることはありませんが、台風の風によって飛んできた物が当たってガラスが割れる被害は、とても多いのです。

その場合、部屋の中にガラスが散乱したり、最悪の場合、寝ている自分の上にガラスが降ってきます。

とても危険ですよね。

 

そのようなことにならないためには、まずは、雨戸やシャッターを閉めておきましょう。

これで、窓ガラスに直接物が当たることはなくなり、ガラスが割れることもなくなります。

 

ですが、雨戸やシャッターがないお家もありますよね。

そんな場合にできることは、

窓ガラスの内側に強化フィルムを貼る

ことです。

ですが、一般の家庭に強化フィルムは普通置いてありませんよね。

買いに行く時間がなかった場合、自宅にあるもので出来る対策は

ダンボールを窓に貼り付ける

ことです。

しっかりとガムテープで貼りましょう。

そして

カーテンをしっかり閉める

ことです。

この2つを準備しておけば、万が一窓ガラスに何かがぶつかって割れても、家の中にガラスが飛び散ることはなくなり、だいぶ危険は取り除けます。

 

その他には、風で物が飛ぶ被害を最小限に抑えるためにも、自宅のベランダや庭にある物は家の中にしまいましょう。

そして、物干し竿も取り外しておきましょうね。

強風で物干し竿が飛ぶこともあるのです。

実際に、私の自宅でも物干し竿が風で吹き飛ばされたことがあります。

これは本当に危険でした。

 

自分の自宅を守るだけではなく、他の家屋や人に被害が及ばないような気遣いも大切になってきます。

お互い、気をつけて台風に備えましょうね。

台風19号2019の進路予想は?米軍・ヨーロッパの最新予想と大阪や京都など関西への影響は?(ハギビス)まとめ

台風19号2019の進路予測を、米軍やヨーロッパ、Windyや気象庁の最新予測を確認しながら、大阪・京都など関西への影響はありそうなのか、検証してみました。

総合的に見てみると、10月の三連休に台風19号2019が大阪・京都などの関西地方に影響を及ぼす確率はどうやら高そうです。

ですが、現在のところまだ「予想」の段階ですので、今後どんな進路を辿るのかは台風情報を確認していくしかありません。

もし大阪・京都の関西地方に上陸するとなると、台風19号は2019年で最大の台風になるとも言われていますので、かなり注意が必要です。

最悪の事態も考えながら、今後の台風2019の情報を確認していきましょう。

 

↓台風対策グッズはこちら↓

 

季節
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント