熱帯低気圧の発生状況の最新情報!台風20号たまご米軍/ヨーロッパの進路予測は?日本への影響は?10月15日発生

季節

こんにちは!

かなさん(@kanayurin)です!

先日、台風19号2019が日本列島に上陸し、甚大な被害を受けたばかりですが、すでに新しい熱帯低気圧の情報が入ってきました。

今回の熱帯低気圧が台風20号になると、名前は「ノグリー」となります。

この熱帯低気圧が、また台風となり日本へ影響を及ぼすのか、とても気になりますよね。

まだ台風19号の被害も落ち着いていません。

ということで、気になる「台風20号2019」になるかもしれない熱帯低気圧の進路予想を、米軍・ヨーロッパ、またWindyや気象庁などの最新情報も交えて、確認していきたいと思います。

10月15日発生の熱帯低気圧は台風20号2019ノグリーになるのか?

2019年10月15日に、台風のたまごともいわれる「熱帯低気圧」の発生がみとめられました。

フィリピンの東海上にある雲域が急速に発達して、渦を巻き始めており、きょう午前9時に熱帯低気圧が発生しました。

昨日から発表されている気象庁の予想天気図では、特に発生が見込まれていませんでしたから、予想以上に雲域が発達してきている状況です。

今のところ、発生した熱帯低気圧は北西方向へ、つまり沖縄方面へ進むような感じでゆっくりと動いています。

現在発生している熱帯低気圧は、「沖縄方面」へ進むような進路を取っている、ということです。

また、この熱帯低気圧の周辺の海水温が29度以上あることから、さらに発達することも予想されています。

これは、注意が必要ですね。

熱帯低気圧の発生状況!米軍の最新進路予想と日本への影響は?

現在発生している熱帯低気圧は、どのような進路を取るのでしょうか。

早速、米軍の発表している台風の情報を見てみましょう。

この画像の右上にオレンジの円で示されているのが、今回の熱帯低気圧です。

米軍の画像の表示には段階があり、黄色い円(LOW)の熱帯低気圧から、オレンジ(MEDIUM)から赤(HIGH)と熱帯低気圧が発達していき、赤い矢印の表示がされるとそれが台風Tropical Cycrone(トロピカル サイクロン)になった、ということになります。

現在のところ、まだオレンジの円になっていますので、それほど危険な状態ではないということです。

ですが、これが赤になり矢印がつく可能性もないわけではありません。

今は日本への影響などはなさそうですが、これからの熱帯低気圧の発達によっては、まだわかりませんよね。

今後の情報にも、注意していきましょうね。

ヨーロッパの最新の進路予想は?日本に影響しそう?

では次に、ヨーロッパの最新進路予想はどうなっているのか、見てみます。

 

10月18日(金)に、四国周辺に熱帯低気圧とみられる雲のまとまりがありますね。

10月19日(土)には、さらに日本の南側など全域に、熱帯低気圧と思われる、雲の集まりが見て取れます。

10月20日(日) には、北上し日本からは離れていますね。

ということで、現在の熱帯低気圧が台風20号に変わるのかは、まだわかりませんが、10月12日(土)〜にはこちらの予想通りになった場合、日本列島の南側全域でお天気の崩れはありそうですね。

台風でなくとも、前線が発達したりすれば、大雨が降る可能性も十分にあります。

現在のところ、台風のような危険な渦にはなっていませんが、お天気の崩れ具合には注意しておいた方が良さそうですね。

 




Windyの最新の進路予想は?日本への影響は?

Windyはヨーロッパの情報と連動しています。

ですので、ヨーロッパの予報が変われば、自動的にWindyも変わるようになっています。

Windyの予想を見ますと、10月19日(土)の朝方くらいから、すでに熱帯低気圧の影響が出てきそうです。

19日の土曜日は1日、日本列島の南側ではお天気の崩れが予想されています。

20日の日曜日の朝には、お天気は回復している予想となっていますね。

Windyの予想を見ると、お出かけの予定は日曜日の方が良さそうですよ。

気象庁の最新の進路予想は?日本への影響は?

次は、気象庁の予想も確認してみたいと思います。

台風情報(全体)

気象庁の予報では、「現在台風情報は発表していません」となっています。

気象庁は、台風として発生してからの情報を発表しますので、現在熱帯低気圧である台風20号のたまごには、予想などは出していないようです。

今後、台風20号に発達した場合には、またお知らせしたいと思います。

ウェザーニュースの最新の進路予想は?日本への影響は?

最後に、ウェザーニュースの最新の熱帯低気圧の、進路予想も見てみましょう。

ウェザーニュースの最新予想では

現時点では、この熱帯低気圧が台風となる可能性も、日本へ接近する可能性も、どちらも低くなっています。

この熱帯低気圧が「台風となる」可能性も、「日本へ接近する」可能性も、低い、との予想です!

嬉しい予想ですね。

こちらのウェザーニュースの予想によれば、今回の熱帯低気圧が日本へ影響を及ぼす可能性は低い、ということです。

ただ、熱帯低気圧自体は近付かなくても、その周辺の前線などを刺激して、大雨を降らせるというパターンもあります。

熱帯低気圧が日本周辺にある場合には、念の為、気象情報をチェックしておきましょうね。

熱帯低気圧の発生状況の最新情報!台風20号たまご米軍/ヨーロッパの進路予測は?日本への影響は?10月15日発生まとめ

今日は、現在発生している熱帯低気圧の最新情報について、お伝えしました。

現在のところ、台風20号には発達していません。

そして、ヨーロッパの予想では台風ではありませんが、雨を降らせる雲の塊が19日の土曜日に日本列島の南側に影響を及ぼす、という予想でした。

また、ウェザーニュースでは、今回の熱帯低気圧が台風になる可能性も日本に近付く可能性も低い、と発表していましたので、この熱帯低気圧は今後あまり日本へ影響することはないのではないでしょうか。

ただ、ヨーロッパの予想が出ているように、お天気の崩れはありそうです。

これが大雨にならないとも限りませんので、今後も気象情報のチェックはしておきましょうね。

新しい情報がわかりましたら、こちらでも随時更新していきます。

 

↓台風対策グッズはこちら↓

 

季節
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント