大阪府吹田市の拳銃強奪事件で目撃者が着ていたTシャツ(少年ジェッター)は買えるの?

漫画・アニメ

こんにちは!

かなさん(@kanayurin)です!

大阪府吹田市で起きた、警官の拳銃強奪事件ですが、いまだに犯人は逃走中です。

その拳銃強奪事件の目撃者がテレビでインタビューを受けていたのですが、その目撃者が着ていたTシャツが気になる、という声が続出しています。

今日は、そのTシャツは現在も買えるのか、値段はいくらなのか、などをご紹介したいと思います。

関連記事:大阪府吹田市で拳銃を奪い逃走中の犯人の現在の居場所はどこ?拳銃を奪った理由は?

 

追記:犯人の飯盛裕一郎容疑者は2019年6月17日に無事逮捕されています。

大阪府吹田市の拳銃強奪事件の目撃者とは

今回の、大阪府吹田市で起きた警察官拳銃強奪事件の目撃者がいました。

 大阪府吹田市で16日早朝、交番勤務の警察官が刺され、実弾入りの拳銃を奪われた事件で、発生直後に現場付近を通った男子大学生は「交番の前に白色のバイクが倒れ、その近くに仰向けのような感じで警察官が倒れていた。
左胸が血だらけになり、刃物のようなものも見えた」と話した。

男子学生によると、同僚とみられる男性警察官が「もうすぐ応援来るからがんばれよ」と倒れた警察官に声をかけていた。
男子学生は「通り魔かと思って怖かった。普段は治安が良い場所なのに。早く捕まってほしい」と話していた。

引用:産経新聞

と、事件が起きた直後に現場を通っており、警官が倒れていたところまで目撃していました。

何気なく通ったであろう場所で、血まみれの警察官を見ることになるとは。

それはびっくりしたことと思います。

この光景がトラウマにならないといいのですが。

かなりショッキングな場面ですよね。

大阪府吹田市の拳銃強奪事件で目撃者が着ていたTシャツ(少年ジェッター)がこちら

今回起きた、大阪府吹田市の拳銃強奪事件の目撃者である大学生が着ていたTシャツがこちらです。

 

画像

胸のところに「少年ジェッター」と書いてあります。

このTシャツについては

と、このように「事件の話をしているのに、Tシャツが気になって話が入ってこない」という人が多数見受けられました。

たしかに、ロゴは小さいながら「少年ジェッターってなに?」と気になるデザインです。

「ドラゴンボール」や「ワンピース」などの有名なアニメやコミックならそれほど気にならないのですが、少年ジェッター・・・?なにその名前、と気になります。

私と同じような人がたくさんいて、安心しました。

大阪府吹田市の拳銃強奪事件で目撃者が着ていたTシャツの少年ジェッターってなに?

この「少年ジェッター」ですが、

『スーパージェッター』は、1965年1月7日から1966年1月20日までTBS系列局で放送されていたSFアニメである。
全52話。
放送時間は毎週木曜 18:00 – 18:30 
現在、正式な作品名は『未来からきた少年 スーパージェッター』

「少年ジェッター」の画像検索結果

ということです。

著者は久松文雄さんです。

 

そして、あらすじは

30世紀から来たタイム・パトロールの少年・ジェッターが、20世紀の平和を守るために活躍するSFアクション。
ゴーストタウンを撮影しに来た女性カメラマン・カオルは、指名手配犯・バリコンとその手下に遭遇して、彼らに捕まってしまう。
同じ時、その近くで自動車のような乗り物とともに墜落して気を失った少年も捕まるが、その少年は30世紀から犯罪者を追ってきたタイム・パトロール隊員・ジェッターで……!?

といったSFアクションの物語でした。

そして「少年ジェッター」は、未来から着たタイム・パトロール少年でした。

なるほど。




大阪府吹田市の拳銃強奪事件で目撃者が着ていたTシャツ(少年ジェッター)はどこで買える?

この、拳銃強奪事件の目撃者が着ていた「少年ジェッター」Tシャツを、現在購入できるのか確認したところ

印 in ONLINE STORE

というところで購入が可能でした。

お値段は、税込4,644円でした。

こちらですね。

カラーはホワイトの他に、ブラックとブルーがあるそうです。

バックプリントにキャラクターが入っていました。

キャラクターは2種類あります。

目撃者の方はTシャツの前のデザインしか見えませんでしたが、後ろはこのような感じです。

なかなか気になるTシャツです。

個人的には一枚目が好みですね。

このTシャツはご紹介したショップ以外にも購入可能でした。

現在でも、購入できるTシャツだったんですね。

大阪府吹田市の拳銃強奪事件で目撃者が着ていたTシャツ(少年ジェッター)にSNSでは

 

漫画・アニメ
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント