タピオカランドは文化祭レベル?感想と反応は?インスタ映えする店内画像もご紹介!

レジャー

こんにちは!

かなさん(@kanayurin)です!

原宿に、2019年8月13日から期間限定で「東京タピオカランド」がオープンしました。

今流行りのタピオカのお店が集まるということで、オープン前から話題になってたのですが・・・

いざオープンしてみると、「思ったのと違う」というコメントが多数見受けられました。

ということで今日は、東京タピオカランドの実際はどうなのか、行った人の感想などをまとめてお伝えします!

東京タピオカランドが原宿にオープン!

「タピオカランド」の画像検索結果

タピオカにフォーカスした新感覚テーマパーク「東京タピオカランド」が、8月13日から9月16日まで原宿駅前の商業施設「ジング(jing)」で開催される。
8月12日の今日、オープンに先駆けてメディア向け内覧会が行われ、内部が公開された。会場内では、ボールをタピオカに見立てた「巨大タピオカプール」や、カラフルな風船で作った「タピオカモニュメント」などでフォトジェニックな空間を演出。
タピオカドリンクの販売に加え、アトラクションとして謎解き(540円)を展開する。

引用:fashionsnap.com

東京タピオカランドのターゲットは10代から20代。

店舗は「三茶ヤ」と「シェイシェイパール(謝謝珍朱)」「ラベラペ(LAB LAP)」「タイガーティー(虎一茶)」の4店舗が出店しています。

入場には、入場券が必要で当日1200円となっています。

前売券も発売されていたのですが、直後に完売し、追加発売されたほどの人気ぶりです。

その入場料にはドリンク1杯分が含まれていて、4種類のウェルカムドリンクから選べるということです。

東京タピオカランドが文化祭レベルと言われる理由は?

そんな大人気の東京タピオカランドですが、実際にオープンして訪れた人たちからは「文化祭のよう」という声がたくさん聞かれました。

どういうことでしょうか。

 

まず、どんなコメントがあるのかをご紹介します。

と、このように「文化祭か」というようなコメントがたくさんありました。

 

では、なぜそのように言われてしまうのでしょうか。

やはり大きな原因は「内装」ではないでしょうか。

と、「内装がイマイチ」という声がたくさん聞かれました。

 

さらには

提供しているものが、タピオカというドリンクなのにも関わらず「トイレがない」ことにも意見がたくさん出ていました。

インスタ映えする?店内画像がこちら!

「インスタ映えする」という触れ込みの東京タピオカランドですが、その店内がこちら。画像

画像

画像

画像

画像

と、このような感じになっています。

黒い風船がタピオカですね、きっと。

これが至るところに浮いています。

たしかに、タピオカランド、というだけありタピオカがたくさんあるのはわかるのですが・・・かわいくデザインするには難しい素材ですよね。

ただ、「インスタ映えする」というフォトスポットが用意されていますね。

ピンクのタピオカドリンクがかわいいです。

こちらで写真を撮れば、インスタ映えするかも?

グッズはなにがあるの?

東京タピオカランド、タピオカグッズも販売していました。

画像

クリアボトルや、ストローに、キーホルダーと缶バッジがあります。

クリアボトルは環境に配慮しよう、という呼びかけのようで、ストローの販売もその一環のようですよ。

 

タピオカ缶バッジはなかなかインパクトがありますよね。

いろいろな意味で、話題になっています!

みんなの感想と反応は?

まとめ

今日は、2019年8月13日オープンの東京タピオカランドについてご紹介しました。

「文化祭?」という声もたくさん聞かれましたが、ちゃんと「インスタ映えスポット」が用意されていました。

また「話題になっていて逆に行ってみたい」という声もたくさん聞かれましたよ。

ただ、たしかにタピオカというドリンクを売っているのにトイレがないのは困りますね。

店内にトイレだけは用意していただきたかったな、と思いました。

 

なにはともあれ、話題のスポット東京タピオカランド、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

ドリンクも1杯ついてきますし、話のタネになりそうです!

レジャー
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント