イタリアの世界遺産「古代都市遺跡 ポンペイ」!観光するときの注意点とは・・・?

旅行

今日は、イタリアにある有名な世界遺産である、「ポンペイ」をご紹介したいと思います。

ここは、火砕流により一瞬にして地中に埋もれた古代都市です。

悲劇の都市ではありますが、古代の暮らしがとてもよくわかる状態で見つかっており、現在の私たちには興味深い場所となっています。

古代遺跡 ポンペイ

イタリアのナポリ近郊にある、世界遺産にもなっている「ポンペイ」。

ここは、西暦79年にヴェスヴィオ山が噴火したことで火山灰に埋もれた古代都市です。

火山灰と火砕流によって、一瞬にして1つの都市が消えてしまいました。

そこに暮らす約2000人と共に。

でも、そのような状況で埋もれたからこそ、街並みや壁画や美術品などの劣化があまり進まずに今に残っています。

おすすめのスポット

ポンペイには、たくさんの見どころがあります。

古代の生活を垣間見ることのできる、いろいろな建物や道路。

個人の邸宅などもあります。

その中でもおすすめのスポットをご紹介します。

フォロ

こちらはポンペイの公共広場。

大きな柱が立ち並ぶこの広場は、遺跡の中でも必見のスポットです。

ここは裁判所や市場などがあった、ポンペイの中心地です。

そしてこの広場の向こうには、ポンペイを地中深くに眠らせたヴェスヴィオ山が見えます。

遠くの景色に見えるヴェスヴィオ山ですが、その山からの火山灰でポンペイが埋もれたのですから、当時の火山の凄さが想像できます。

ヴェスヴィオ山をバックに遺跡の写真を撮ると、とても記念になると思います。

スタビアーネ浴場

こちらはなんと、当時のスーパー銭湯!

男女別の脱衣所や、サウナにマッサージ室。

食堂などもあったようです。

そして、このスタビアーネ浴場の天井には溝があり、水滴などが落ちないように作られていて、とても考えられた作りになっていることがわかります。

また、こちらの浴場の壁の装飾がとても美しく、豪華で素晴らしい浴場だったことがうかがえます。

アボンダンツァ通り

ここはポンペイのメインストリートです。

道の両側には住宅や居酒屋!などが立ち並んでいて、当時の街並みを想像することができます。

特に居酒屋は、現代にあるカウンターバーのようになっていて、とてもお洒落に見えます。

そして、メインストリートはきちんと歩道と馬車道に分けられていて、段差が付いています。

雨水を流す排水溝なども完備されていたりして、この通りを見ると現代にとても近い暮らしをしていたことがうかがえて、本当に驚かされます。

ヴェッティの家

ここではポンペイのフレスコ画を、じっくりと見ることができます。

ヴェッティという兄弟の家なのですが、とても裕福な暮らしをしていたことが、その家の作りから見てとれます。

フレスコ画はもちろん、モザイク装飾の壁や、池にある彫刻。

家全体が1つの美術品のようになっています。

芸術に興味がない方でも、ここは見てみてほしい場所です。

 

他にも見どころはたくさんあるのですが、私が実際に観光をして、ぜひ見てほしいと思った場所をご紹介させていただきました。

ポンペイを観光するときの注意点

ポンペイの遺跡はとても広大です。

1つの街だったのだから、それは大きいものになりますよね。

個人旅行の場合はリサーチせずに行くと、見どころを見れずに終わってしまうと思いますので、事前に調べて行くことをおすすめします。

公式HPなどで調べて行くといいと思います。

 

そしてもう1つは、太陽の光、紫外線です。

遺跡を巡る際、ほとんどの場所に屋根はありません。

建物の中に入ることもありますが、時折、という程度です。

ですので、飲み物は忘れずに持って行きましょう。

遺跡の中に入ってしまうと購入する場所もあまりありません。

観光を楽しむためにも、水分は忘れないようにしましょう。

また、暑い時期には帽子や日焼け止め、日傘などもあるといいですね。

最後に

古代都市の生活を垣間見ることのできる、「ポンペイ」。

敷地面積はとても広く、すべてをじっくり見てまわるには、1日では到底無理です。

なので、事前にリサーチをして自分の見たいと思う場所を調べておくと、実際に観光に行った際にも、無駄なく時間を使えると思います。

 

イタリアに旅行の際には、ぜひ「ポンペイ」に行って、当時の本当に素晴らしい文化や芸術や生活に触れてみてほしいと思います!

 

旅行海外旅行
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント