イタリアの世界遺産「ピサの斜塔」!頂上へ登るまでの道のりは・・・?

旅行

今日はイタリアにある世界遺産「ピサの斜塔」を、ご紹介します。

写真などからもわかるように、かなり傾いています。

そこを登ってみると・・・

ぜひ1度は登ってみてほしい、「ピサの斜塔」。

では、ご紹介します。

ピサの斜塔へ登るまでの準備

まず、ピサの斜塔に登るためには、チケットが必要になります。

私はツアーで申し込みをしていたので予約はしていませんでしたが、個人旅行などで訪れる際にはネット予約をしていくことをおすすめします。

混雑時には、チケットを購入するまでにかなり並ぶことになるとか。

朝早い時間ですと、混雑する時期でも割と空いているようなので、予約をしていない場合は朝イチで行くといいかもしれません。

チケットは、18ユーロになります。

 

そして、ピサの斜塔に登る前には、手荷物をロッカーに預けなければいけません。

ピサの斜塔の左手に専用のクローク(黄色い建物)があるので、そちらに預けます。

クロークでは、係りの方に指示されたロッカーに荷物を入れると、鍵を閉めてくれ、引き換えのカードを渡してくれます。

こちらのクロークは無料です。

ピサの斜塔は、登る前に金属探知機でのチェックがあるので、カメラやスマホなどの貴重品以外はクロークに最初から預けておきましょう。

 

荷物を預けたら、ピサの斜塔の入り口に並びます。

30分ごとに40人ずつ登れるそうです。

ですので、予約した時間の10分前くらいに並べば大丈夫です。

チケットの時間になれば決まった人たちだけ入れますので、あまり早く並ぶ必要はないと思います。

では、いざ、ピサの斜塔の中へ!

ピサの斜塔の階段

まずは、入り口を入った地上階で係りの方の説明があります。

英語とイタリア語のようですが、私はあまり理解できませんでした・・・

英語をもっと勉強しなくては。

 

説明が終わると、階段を登り始めます。

この階段が、狭い!

そして、滑る!!

本当にツルッツルです。

一段一段、気を付けて登らないと、危ない。

私は旅行には必ずスニーカーで行きますが、このピサの斜塔、スニーカーでも滑るのでは?というツルツル具合。

ヒールの靴やサンダルはおすすめしません。

 

階段は螺旋状になっており、296段あります。

滑らないように足元を見ながら、ひたすらグルグルと螺旋状の狭い階段を登っていたら、少し気持ち悪くなりました・・・

ピサの斜塔の頂上

気持ち悪くなりながらも、そろりそろりと頑張って登ってきたピサの斜塔の頂上。

そこにはとても素敵な景色が広がっていました!

 

ドゥオモ広場の大聖堂や洗礼堂も、よく見えます。

大聖堂が十字の形になっているのも、よくわかります。

遠くに山々も見え、大好きな赤茶色のイタリアの街並みも見えます。

頑張って登ってきて、良かった!!

 

そして、頂上は円形になっているので、ぐるりと歩いてみました。

傾きの上?の方はいいのですが、傾いている下の方。

そこから下を覗くと、背筋がヒューっとなりました。

斜塔の壁が見えない・・・こ、怖い。

いそいそと、そこから移動しました。

フェンスがあるとはいえ、なんだか怖かったです。。。

でも、あの絶景はぜひ体験していただきたいです!!

 

そして時間になり、また狭いツルツルの螺旋階段を、そろりそろり降りて帰りました。

登る時以上に、降りる時は気を付けてください。

何度も言いますが、かなり滑りますので。

まとめ

イタリアの有名な世界遺産「ピサの斜塔」。

登るのは少し大変ですが、素晴らしい景色を見ることができます。

そして、ちょっとだけドキドキできます。

傾きを実際に体験できますので。

イタリアに旅行した際には、ぜひとも登ってみてほしいです。

私もまた行きたい場所の1つです。

 

旅行海外旅行
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント