沖縄の鉄板観光スポットと言えばココ!美ら海水族館!隠れたスポットとは・・・??

国内旅行

今日は、沖縄にある超!有名な観光スポット「美ら海水族館」をご紹介したいと思います。

ここは、沖縄に行ったら必ず訪れてほしいところです!

巨大な水槽を泳ぐ魚たちは、圧巻です。

見どころも多い「美ら海水族館」、とてもおすすめです。

美ら海水族館

美ら海水族館は、沖縄の本部町にある海洋博物公園の中にあります。

この水族館の「美ら」は「ちゅら」と読みますが、沖縄の言葉で「美しい」「綺麗」という意味だそうです。

「美しい水族館」ということですね。

 

こちらの水族館は入り口が3階にあり、2階、1階と降りていく形になっています。

そして、水族館の周辺には、イルカのショーを見ることができたり、ウミガメを近くて見られたり、といった水族館以外にも楽しめるスポットがいろいろあります。

海沿いにあるので、透き通った綺麗な海の景色も楽しめます。

駐車場は

美ら海水族館は海洋博物公園の中にあるので、駐車場も海洋博物公園内になります。

こちらには大きな立体駐車場があり、水族館に行く場合には「北ゲート(P7立体駐車場)」が一番最寄りの駐車場になります。

この立体駐車場はかなり大きいので、帰りに「どこに停めたっけ?!」と迷うことがないように、位置がわかる看板などを写メしておくことをおすすめします。

そして、最寄りの駐車場、なのですが実際に水族館に行くまでには少し歩きます。

5分くらいかな?

その歩く途中にも、ミストの出る噴水?のようなところがあったり、子どもが遊べる遊具があったり、とついつい寄り道をしてしまいます。

沖縄の夏は本当に暑いので、特に、ミストにはついつい引き寄せられてしまいます(笑)

料金は

美ら海水族館の入館料金は、通常料金(8:30〜16:00)で

★大人 1,850円

★高校生 1,230円

★小・中学生 610円

★6歳未満 無料

となっています。

少々高いかな、と思いますが、レンタカーのお店だったり、ホテルだったりいろいろなところに割引のチケットが置いてありますので、事前にそれをもらっておくことをおすすめします。

そして、16時以降だともう少しお安くなります。(大人で200円くらい。)

夏は日中本当に暑いので、夕方以降は涼しくていいかもしれません。

館内

館内は3つのゾーンに分かれています。

サンゴ礁への旅

こちらは、美ら海のサンゴ礁の周辺にすむ生き物がいます。

そして、浅い水槽にヒトデやナマコなどがいて、触ることができます。

ナマコに触るのは、ちょっとドキドキしました(笑)

また、屋根のない水槽があって、太陽の光が降り注ぐ自然の中のサンゴを見ることができます。

他にも、サンゴ礁の海で暮らす熱帯魚だったり、個別の水槽があったり、1つ1つをじっくり見ていると時間が足りません!

黒磯への旅

こちらは、美ら海水族館のメインスポット!!

あの有名な、巨大水槽がここにあります。

その大きさは圧巻で、初めて見たときにはとっても感動しました!

その大きな水槽に泳ぐのは、これまた巨大なジンベイザメやナンヨウマンタ。

水槽の中を優雅に泳ぐ姿は、いつまで見ていても飽きません。

もう、ずっとそこにいたいくらいでした(笑)

 

この巨大水槽ですが、写真を撮るときには、少し離れたところから鑑賞している人も含めて写すと、その水槽や魚の大きさがよくわかって面白いと思います。

深海への旅

こちらには、普段見ることのできない深海の生き物たち約70種が展示されています。

個水槽に分かれて展示されていますので、じっくりと見ることができます。

館内は、深海のように薄暗く、魚たちの水槽は少しライトアップされていて、幻想的な雰囲気でした。

周辺施設

ここ美ら海水族館は、水族館の館内だけではなく、周辺にも楽しめるスポットがいくつもあります。

イルカのショーが見られる、オキちゃん劇場。

たくさんのウミガメを水上と水中、両方から見ることができる、ウミガメ館。

人魚のモデルになったと言われるマナティがいる、マナティ館。

イルカをとても近くから見られ、餌もあげたりできる、イルカラグーン。

 

これらは全て、水族館から歩いていくことができます。

水族館の見学が終わっても、まだまだ楽しめるんです!

隠れたおすすめスポットとは・・・

それは、海沿いに作られている、「海岸遊歩道」です!

沖縄の海は本当に透明で美しくて、見ていて飽きません。

その海を見ながら、のんびりお散歩することができるのです。

遠くに、沖縄の島々も見えます。

そしてこの遊歩道には、砂浜まで降りられる階段がいくつかあって、足だけでも海に浸かると、とても気持ちがいいんです!

暑い日差しの中、透明な、ヒンヤリとした海でしばし休憩。

沖縄の透明な海は、本当に癒されます。

最後に

巨大な水槽に泳ぐ、ジンベイザメが有名な「美ら海水族館」。

でも、ここの楽しみはそれだけではありません。

周辺施設にも楽しめるスポットが満載!

とにかくおすすめな、ここ「美ら海水族館」。

沖縄に旅行の際には、絶対に行ってほしいところです!

 

 

国内旅行旅行
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント