2019年関東地方の梅雨入りと梅雨明けはいつ?例年から予想!

生活

2019年5月14日、鹿児島地方気象台が「奄美地方が梅雨入りしたとみられる」と発表がありました。

これは、去年より13日早く、平年より3日遅い梅雨入りだということです。

いよいよ、じめじめベタベタの嫌な季節がやってきましたね。

洗濯物も乾かなくて、頭を悩ませる季節です。

さて、そんな梅雨ですが、関東地方(東京)の梅雨入りと梅雨明けはいつになるのでしょうか。

例年のデータなどから、予想してみたいと思います。

梅雨明けと梅雨入りとは?

「梅雨」の画像検索結果

今回の奄美地方の梅雨入り宣言でも、「奄美地方が梅雨入りしたとみられる」と発表があったように、梅雨入りと梅雨明けの日にちというのは確定していません。

梅雨入り・梅雨明け、というのは

「梅雨の期間に入ること」(梅雨の期間が終わること)で数日から1週間の天候の予想にもとづき各地方予報中枢官署が発表します。

関東地方でしたら、東京管区気象台です。

ただ、これはあくまで予測ですので、実際の梅雨入り・梅雨明けと異なることもあります。

その場合には、後日検討されて、梅雨入り・梅雨明けの期間が変更になったり、特定の日付がないような年もあるようです。

お天気というのは予測が難しいですから、後から修正されることもあるんですね。

梅雨入り・梅雨明けの日付が確定されるのは、なんと9月ということです。

正確な記録として残すために、きちんと検討してから確定日を決めるんですね。

 

そして、梅雨入り・梅雨明けを決める具体的な方法としては、

梅雨の入り・明けには平均的に5日ほどの「移り変わりの期間」がある

これは、日照時間の多い梅雨入り前日照時間が短い梅雨入り後(梅雨明けは逆)に変わるまでに、5日くらいの期間があるそうです。

その中日を「梅雨入り・梅雨明け」として発表するそう。

ですので、梅雨入り・梅雨明けの発表は、その5日が過ぎていることから「◯月◯日に梅雨入り・梅雨明けしたようです」という表現になるんですね。

2019年関東地方(東京)の梅雨入りの予想は?

「梅雨入り」の画像検索結果

現在、気象庁の予想ではデータを予測し、平年並みならば6月8日ころ、と発表されていますが、どうなるでしょうか。

 

まず、過去10年間のデータを見てみたいと思います。

2008年 5月29日ごろ
2009年 6月 3日ごろ
2010年 6月13日ごろ
2011年 5月27日ごろ
2012年 6月 9日ごろ
2013年 6月10日ごろ
2014年 6月 5日ごろ
2015年 6月 3日ごろ
2016年 6月 5日ごろ
2017年 6月 7日ごろ
2018年 6月 6日ごろ

出典:気象庁

過去10年の間に、5月中に梅雨入りした年も2回ほどありました。

が、ほぼ6月上旬という印象です。

このことから、2019年も梅雨入りは早ければ6月3日ころ、遅ければ6月10日ころではないかと予想されます。

 

ということは、シーツや布団などの大物や、ダウンなどのコート類のクリーニングも、5月中には終わらせておいた方がいいということですね。

梅雨に入ってからでは、いつ洗えるかわからなくなってしまいます。

 

関連記事:【節約】ダウンジャケットの洗い方、知っていますか?自宅で実際に洗ってみました!

2019年関東地方(東京)の梅雨明けの予想は?

「梅雨明け」の画像検索結果

2019年の梅雨明けですが、気象庁の予想ではデータを予測し、平年並みならば7月21日ころ、と発表されています。

 

梅雨明けは、先ほどの表を見ていただくとわかるのですが、かなりバラつきがあります。

2008年 7月19日ごろ
2009年 7月14日ごろ
2010年 7月17日ごろ
2011年 7月 9日ごろ
2012年 7月25日ごろ
2013年 7月 6日ごろ
2014年 7月21日ごろ
2015年 7月10日ごろ
2016年 7月29日ごろ
2017年 7月 6日ごろ
2018年 6月29日ごろ

7月上旬に明けたかと思えば、7月の下旬まで明けないことも。

ただ、8月まで梅雨が続いた年はありませんでした。

また、昨年などは6月中に梅雨が明けていますね。

じめじめして嫌な梅雨ですが、あまり早くに明け過ぎても、夏に入って「水不足」の問題が出てきたりします。

 

これらのことから、まず8月まで梅雨が長引くということはなさそうですが、ここ10年での傾向を見る限り梅雨明けは、7月10日〜7月20日くらいを予想します。

2019年関東地方(東京)の梅雨の天気は?

「暑い」の画像検索結果

関東地方の梅雨入り・梅雨明けの予想をご紹介しましたが、その梅雨の時期の天気はどのようになるのでしょうか。

気象庁の予報から、見てみたいと思います。

 

関東地方(東京)の6月の天気
  • 降水量は、前線の影響を受けにくく、平年並みかそれより少ない
  • 気温は、平年並みか高め
  • 天候は、前線や湿った空気の影響を受けにくく、平年に比べ曇りや雨の日が少ない
関東地方(東京)の7月の天気
  • 降水量は、平年並みか、多い
  • 気温は、ほぼ平年並み
  • 天候は、前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べ曇りや雨の日が多い

 

どうやら、6月は雨が少なく、7月になると雨の日が多くなってくる予想です。

ちなみに平均気温ですが、

6月 最高26℃/最低19℃

7月 最高30℃/最低23℃

になっていますので、気象庁の予想通りになると、6月7月共にじめじめとしたムシ暑い日が多くなるかもしれません。

まとめ

今日は、2019年関東地方(東京)の梅雨入りと梅雨明けについて予想してみました。

2019年関東地方(東京)の梅雨明けは、6月3日〜10日ころの予想です。

また梅雨明けは、7月10日〜20日ころではないかと予想します。

梅雨時期の天候ですが、梅雨ですので雨は仕方ないとしても、どうやら気温はやや高めな予報が出ていました。

雨でなおかつ気温が高いとなると、不快指数がかなり高くなりそうです。

 

日本にいたら、年に一回必ずやってくる梅雨。

どうやったら快適に過ごせるのか、今から考えておかないといけませんね。

 

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

生活
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント