【端午の節句】兜とこいのぼりと人形飾りどれを買ったらいいの?誰に買ってもらうの?

季節

5月5日は子どもの日、端午の節句ですね。

子どもの日には兜やこいのぼり、人形飾りなどを飾りますよね。

初節句にこれらを買うとき、兜と鯉のぼりと人形飾り、どれを買えばいいの?誰が買うの?となりませんか?

そこで今日は、兜やこいのぼり・人形飾りの由来や意味などをご紹介します。

どれかを選ぶときの参考にしてもらえたらと思います。

また、昔からの風習では誰がこの兜やこいのぼりなどを買うことになっていたのか。

いざ買うときに困らないように、こちらも調べてみました。

兜の由来と意味

鎧や兜を飾ることは、鎌倉時代の武家社会から生まれた風習です。

身の安全を願って神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりに由来しています。

鎧や兜は、武士にとっては自分の身を護る大切な道具であり、大切な宝物でした。

そこから、現在は鎧や兜が“身体を守る”ものという意味で、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いを込めて飾るものとなりました。

こいのぼりの由来と意味

こいのぼりは、江戸時代に町人から生まれた節句の飾りです。

鯉は清流はもちろん、池や沼でも生息することができる、非常に生命力の強い魚です。

その鯉が急流をさかのぼり、滝を登って竜になって天に登るという中国の伝説に基づいています。

子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにと出世を願い飾るものになりました。

人形飾りの由来と意味

人形飾りが生まれた由来ですが、昔、武士が兜や鎧を自身の身の安全を祈願するために戦の前に神社に奉納してました。

その風習が庶民にも広まるようになりましたが、庶民は鎧や兜は持っていません。

そのため、鎧や兜を真似して作っていたんです。

その頃、庶民の間で広まっていた人型信仰(神様が宿る人形)から、兜や鎧だけではなく人形も作られました。

これが人形飾りの始まりです。

 

そして人形飾りは、金太郎や牛若丸や弁慶といった、強くて勇ましい人形が多いですよね。

これは、この人たちのような強くてたくましい立派な人になりますように、という願いが込められているのです。

また、神様が宿る人形ということで、災害や病気、事故などから我が子を守ってください、という願いもあるそうです。

どれを選ぶのか

ここまで、端午の節句についてのそれぞれの由来や意味をご紹介してきました。

ここで実際にどれを選ぶと良いのか・・・ですが、現在は、住んでいる住居のタイプによって違うようです。

庭のある家の場合は、こいのぼりを買って庭に飾ることも可能ですが、庭がなかったり、マンションに住んでいたり、だとこいのぼりを飾ることは難しいですよね。

ベランダに飾るタイプのものもありますが。

ですので、庭がない場合は、兜や人形飾りを買う、ということが多いようです。

置くスペースの問題になりますね。

ただこれまでご紹介してきたように、どれを選んでも「子どもの健やかな成長を願う」ことに変わりはありませんので、ご家庭のスペースに合わせて買っていただいて良いと思います。

誰に買ってもらう?

兜やこいのぼりや人形飾りですが、いったい誰に買ってもらうとよいのでしょうか。

 

これは、両親の出身地によって違うようです。

関西 → 母方の祖父母

関東 → 父方の祖父母

となっています。

地域によるんですね。

 

でも、その風習は最近無くなりつつあります。

現在は、両家でお金を出し合ったり、両親が買ったり、と特にコレ!といった決まりはありません。

が、地域によってまだこの風習が残っているところもありますので、そろそろ買おうかな・・・という時期になったら、話し合ってみるといいかもしれません。

 

ちなみにこの風習に子供の両親が入っていないのは、昔は、娘が結婚して嫁いでしまうと会いに行くことや、娘が実家に帰ってくるということがなかなか出来なかった。

そこで、お祝いの際にはお祝いの品物を持って、会いに行っていた。

何か理由をつけて、娘の顔を見に行きたかったんですね。

昔は結婚してしまうと、自分たちの娘の顔を見るだけでも一苦労だったのですね。

端午の節句とは

「こどもの日」として祝われる5月5日ですが、「端午の節句」とも呼ばれますよね。

端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。

それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、5月5日が端午の節句として定着していきました。

 

鎌倉時代に入ると、厄除けに使われる「菖蒲(しょうぶ)」と武道を重んじるという「尚武(しょうぶ)」の音が同じであることから、縁起が良いということで最初は「尚武の節句」と呼ばれていたそうです。

江戸時代になると「尚武の節句」は年中行事に定められて、家の後継ぎとして生れた男の子が無事成長していくことを祈り、一族の繁栄を願う重要な行事となり、庶民の間にも浸透していったということです。

 

また、この菖蒲は昔から薬草としてよく使われてきました。

厄除けの意味もあります。

端午の節句に菖蒲湯に入るのも、子どもの無病息災を願ってのことです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

兜、こいのぼり 、人形飾り、と願う事がそれぞれ違いましたね。

兜は、子どもの身の安全を願い。

こいのぼりは、子どもの出世を願い。

人形飾りは、子どもがたくましく育つ事を願い。

でもどれも、「子どもの健やかな成長を願って」いますよね。

どれを選んでも、子どもを想う気持ちに変わりはありません。

あとは、好みやスペースで選んでいただいて良いと思います。

 

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

季節生活
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント