【ソレダメ】ぷるトレのやり方と効果とは?オススメの冷え性対策も!

生活・趣味

こんにちは!

かなさんです。

2020年2月12日(水)18時55分から放送の『ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~ 』で、冷え性対策の新常識、一か所を集中して体を温める30秒の体操として「ぷるトレ」が紹介されます。

今日は、その冷え性対策になるという「ぷるトレ」のやり方やその効果、またオススメの冷え性対策などもご紹介したいと思います!

ソレダメの「ぷるトレ」とは?

『ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~ 』で紹介される「ぷるトレ」とは、いったいどんなトレーニングなのでしょうか。

 

ぷるトレとは、正式名称は「ふるえトレーニング」で、体を意図的にふるわせることで体の奥で休眠している「発熱筋」を目覚めさせ、冷えにくい体を作りだすトレーニングです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぷるトレ 一瞬で体がポカポカになる、ふるえトレーニング [ 高林孝光 ]
価格:1324円(税込、送料無料) (2020/2/11時点)

楽天で購入

 

 

高林孝光さんという方が、「ぷるトレ 一瞬で体がポカポカになる!ふるえトレーニング!」出版社: 飛鳥新社 (2018/12/6)という本が出されているようです!

 

著者の高林孝光 さんは、1978年5月12日東京都生まれ。

「アスリートゴリラ鍼灸接骨院」の院長で、体温を自分でコントロールできる方法を考案し、運動神経を利用して筋肉を『ふるえ』から『ふるえさせる』ことによって体温をコントロールする、運動神経性の発熱法『ふるえトレーニング(ぷるトレ)』を考案し、その普及に努めているようです。

「ぷるトレ」のやり方とポイントは?

「ぷるトレ」は、1日1分行うだけなので、忙しくても毎日できます!

 

「ぷるトレ」には5つのポイントがあります。

1. 圧力によって筋肉が小刻みに震えてくる「ぷるぷるサイン」が出るまで行う
2. トレーニング中は呼吸を止めない
3. 1日2~3種類を生活の一部にして、なるべく毎日行う
4. 1つのメニューで3分以上行わない
5. 血圧の高い人や心臓病の人は医師と相談する
「ぷるトレ」の効果をしっかりと上げるためにも、この5つに気を付けてやってみてくださいね。

 

「ぷるトレ」には全7種類ありますが、その中でもオススメの2種類をご紹介したいと思います。

忍者ぷるぷる体操

1. 背筋を伸ばして太ももを付けて立つ
2. 忍者のポーズをとって両手を力強く押し合い続ける
3. ぷるぷるサインが感じられるまで1~2分力を押し続ける
4. 更に効果を高めたい場合はこれを2~5セット行う

このときは「ぷるぷるサイン」が感じられるまで数十秒から1~2分間、力を入れて押し続けます。

効果を高めたい場合は、2~5回繰り返してみてください。

「忍者ぷるぷる体操」が上手くできれば、2つ目の「空気椅子ぷるぷる体操」にチャレンジしてみましょう。

 

空気椅子ぷるぷる体操

1. 椅子やソファーを前に肩幅で立ち、ゆっくりとお尻を突き出すイメージで腰を落としていく
2. 両手を前に伸ばしてバランスをとりながら、お尻を宙に浮かした姿勢を1~2分キープする
3. 更に効果を高めたい場合は2~5セット行う

この体操は、後ろに椅子やソファなどを置いた上で行うのがポイントです。

足を肩幅に開いたら、椅子やソファを背にして立ち、膝を曲げてゆっくり腰を落とします。

この時、膝が足のつま先よりも前に出ないようにするのがコツで、腰をできるだけ落としたら、ポーズを30秒~1、2分キープし、太ももやふくらはぎに「ぷるぷるサイン」が出たら、椅子やソファへ座りましょう。

 

「空気椅子ぷるぷる体操」の良いところは、下半身の深層部を全体的に刺激できることです。

下半身の太い筋肉が目覚め、熱を生み出せるようになれば全身の発熱力も大きく向上し、健康的な体を作れます。




「ぷるトレ」の効果とは?

次に、冷え性対策にもなるという「ぷるトレ」の効果とは、どのようなものがあるのでしょうか。

 

「ぷるトレ」をすると、一瞬で体がポカポカになり、体を温める事により肩こりや腰痛などが改善するといった効果があります。

一瞬でポカポカになるなんて、冷え性の人にとってはとても嬉しいことですよね!

「寒い!」と思った時にも、この「ぷるトレ」をするのもオススメです。

 

また、普段の生活では使われない筋肉を鍛える事が出来るので、運動不足の方にも良いトレーニングとなります。

時間をかけて外をランニングして有酸素運動をしたり、ジムに通って筋トレをしたり、運動をしようと思うとなかなか行動できませんが、この「ぷるトレ」なら今すぐにでもできちゃいます。

とてもお手軽な運動なんですね。

 

そして「ぷるトレ」は、体に大切な筋肉量を回復させ、血液の流れもよくなり産熱機能を上げてくれるなど、冷え性の方だけではなく、すべての人の健康に良い効能をもたらしてくれます。

やり方もとても簡単ですので、ぜひやってみてくださいね。

「ぷるトレ」以外にオススメの冷え性対策は?

これまでご紹介した「ぷるトレ」以外にも、冷え性対策にオススメの方法がありますので、ご紹介しますね!

 

まず一番のオススメは、やはり人間の基本である歩くこと、ウォーキングでしょう。

ウォーキングのように全身を使った運動は、血流改善や基礎体温アップが期待できます。

ただ、なかなかウォーキングをする時間をとる、ということが難しい場合もありますよね。

そんな、仕事や家事などで忙しく、ウォーキングをするための時間を確保するのが難しい方にオススメなのは、通勤時など日常で歩く際に、体をきちんと動かすことを意識することです。

腕を大きくふり、大股で歩くことで、全身を使いながらウォーキングをすることができます。

この「意識をする」ということがとても大切で、しっかりと、どこを動かしているのか、を意識するだけで運動としての効果が格段に変わります。

そして

大事なのは、その運動を継続することです。

外出の際は少し遠くてもできるだけ歩く、など小さい事から変えてみることをオススメします!

 

そして、次にオススメなのは、全身入浴です。

冷え性の方は、毎日湯船にしっかりつかることが大切です。

ですが、そのポイントは実は、冷え性の方は長時間の入浴も半身浴も良くないということです。

これは、発汗によってかえって体が冷えてしまうためです。

寒い時季は、41~42℃のお湯に首まで5分つかり、次に胸あたりまで5分つかります。

そして髪や体を洗ってから、再度1~2分ほど入浴して体を温めて浴室を出ます。

そうすることで、しっかりと体を温めることができます。

 

また、そのほか寝る前のエクササイズもオススメです。

やり方は、両足を真上に向けて動かします。

そうすることで心臓へ戻る血液の流れを促進させることができます。

 

詳しいやり方は、


1. 寝た状態のまま天井に向かって、真上に両足をゆっくり伸ばす。

2. 上体はリラックスした状態で、足指をグーパーさせる。

たったこれだけです。

とても簡単ですよね!

 

手先、足先の冷えは、眠りを妨げる大きな原因となります。

今すぐ手足を温めたいというときに効果的なストレッチは、寝たまま手足の指をグーパーするだけ。

これも簡単にできます。

 

冷え性はとても深刻な悩みの種ですが、そのような方にはぜひ今回の「ぷるトレ」やそのほかの方法も交えて、ぜひ今日からやってみてくださいね!

身体を温めることで、免疫力も高まり、健康も手に入れることができますよ。

 

生活・趣味
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント

  1. 高林孝光 より:

    ぷるトレの著者の高林孝光です。
    こんなに素敵な記事を書いてくれて、かなさん、本当にありがとうございます。
    たくさんの体が冷えて困った方がぷるトレをして冷えない体を手に入れて笑顔になって貰えたら嬉しいです。

    • かなさん かなさん より:

      こんにちは!
      コメントありがとうございます!

      高林先生から直々にコメントをいただけるなんて、とても嬉しいです!
      本当にありがとうございます。

      実は私も冷え性で、高林先生のぷるトレを知り、簡単にできて身体にも良い効果があるなんて、とても素敵な運動方法だな、と思いました。

      高林先生の素敵な想いがたくさんの方に届きますよう、笑顔の方が増えますよう、願っています。