【刺繍の初心者】名前の入れ方は?太くするには?おしゃれなデザインも!

生活・趣味

こんにちは!

かなさんです。

今日は、刺繍の初心者でもできる、名前の入れ方についてご紹介したいと思います。

名前やイニシャルなら、刺繍の初心者でも比較的簡単にできるんですよ。

大きい刺繍は手が出しにくくても、ワンポイント程度の名前などなら、取り掛かりやすいですよね。

ということで今日は、刺繍の初心者でもできる名前の入れ方や、その名前を太くする方法、小さい文字を刺繍するコツや、立体的にする方法、おしゃれな名前のデザインと、ミシンでも名前の刺繍ができるのか、など詳しくお伝えしますね!

刺繍の初心者が名前を入れる方法!

刺繍で名前やイニシャルを入れてあるハンカチやポーチ、素敵だなと思ったことはありませんか?

自分でもやってみたいけど、難しそう‥と思われるかもしれませんが、簡単なステッチを覚えれば、アルファベットやひらがなの刺繍は意外と簡単。

「刺繍は初めて!」という方の練習にもお勧めです。

ステッチの種類は沢山あるのですが、名前の刺繍にもお勧めな「バックステッチ」と「チェーンステッチ」の方法をご紹介します。

バックステッチ

数多くあるステッチのなかでも、最も基本となるのが「バックステッチ」です。

はっきりとした輪郭を出せるステッチで、縫い目の長さを揃えるときれいに仕上がります。

名前の刺繍や、図案の縁取りなどにもよく使われるのが「バックステッチ」。

縫い方はとても簡単で、針を出した穴から一度後ろに戻り、最初に針を出した穴より前に針を出して進んでいきます。

引用:https://www.tezukuritown.com/nv/

バックステッチのやり方です。

動画で見てみると針の動きが分かりやすいですよ。

チェーンステッチ

鎖のように見えるのが「チェーンステッチ」です。

バックステッチに比べると少し難しく感じるかもしれませんが、名前を縫ったり、広い面を埋めたりするのに使われる基本的なステッチです。

チェーンステッチの縫い方は、以下の手順で行います。

引用:https://www.tezukuritown.com/nv/

裏から針を1に出し、同じ針穴の2に針を刺します。

3から針を出すときに糸をかけて針を抜きます。

3と同じ針穴4に針を入れ、5から針を出すときに糸をかけます。

この動作を繰り返すことでチェーンステッチができます。あまり強く引きすぎず、ゆとりを持たせて縫いましょう。

 

チェーンステッチも動画で針の動きを見てみましょう。

刺繍で名前を太く入れるには?

名前を太く入れたいときには、刺繍糸の本数を変えるだけでも印象が変わります。

 

3本取りで縫っていたものを、6本取りで縫うだけでもだいぶ太めになりますよ。

引用:https://chang-taka.com/chainstitch/

 

また、先ほどご紹介したバックステッチとチェーンステッチを組み合わせても太目の文字を刺繍することができるので、お勧めです。

バックステッチで図案の縁取りをして、そのなかをチェーンステッチで埋めてみませんか?

2つのステッチを組み合わせるだけで、ぐっと刺繍の腕が上がったような気がしますよね。

 

他にも「サテンステッチ」という方法でも、太目の文字を縫うことができます。

図案に沿って「ストレートステッチ」を平行に刺していくステッチです。

サテンステッチの途中で、色を変えて縫うのも素敵ですね

引用:https://nextweekend.jp/29865/

 

「サテンステッチ」の縫い方はこちら。




小さい文字を刺繍するコツは?

刺繍で小さな文字を縫いたいときには「アウトラインステッチ」がお勧めです。

図案の輪郭などを描くために用いられる基本のステッチで、直線もカーブもきれいに縫うことができます。

 

小さな文字の場合は、縫い目を細かくしながらゆっくりと縫いましょう。

 

小さな文字の縫い方は、こちらの動画がとても参考になります。

刺繍で名前をおしゃれに入れよう!

まずはハンカチなどに、ワンポイントの刺繍を入れてみませんか?

刺繍は自分のすきなものを、好きな色で入れることができます。

気に入った図案を探す時間も楽しいですが、自分の手書きの文字を刺繍すると、とても温かみがあり、素敵な作品に仕上がります。

刺繍の練習にもなるので、色々なステッチを使って名前の刺繍を楽しんでみて下さい。

 

アルファベットの小文字にも挑戦!

引用:https://www.pinterest.jp/pin/594264113300064737/

 

2つのステッチを組み合わせた刺繍です。

引用:https://uzumumumu.exblog.jp/25196705/

 

カラフルでポップな刺繍。お子様が喜びそうですよね!

引用:https://www.pinterest.jp/pin/579064464560649307/

 

刺繍で文字を立体的にするには?

ふっくらとした厚みのある文字を入れたいときには、図案を縁取りして、図案の中を「ストレートステッチ」や「アウトラインステッチ」で埋めたあとに、更にサテンステッチをかぶせる「芯入りサテンステッチ」という方法があります。

少し手間がかかりますが、ふっくらとした可愛い文字に仕上がります。

こちらは、芯入りサテンステッチで刺繍をされた作品です。

引用:https://jp.bloguru.com/sunukolyn/333667/2018-09-25

素敵ですよね。




名前の刺繍はミシンでもできる?

手縫いの優しい印象の刺繍も素敵ですが、もっと細かい刺繍を楽しみたい方には刺繍機能付きミシンがお勧めです。

 

ミシンの種類にもよりますが、様々なフォントが用意されており、太さなども自由に調整することができます。

手縫いとはまた違った雰囲気の刺繍ができるので、手縫いの刺繍だけでは満足できない!という人にはお勧めです。

 

メーカーによって、模様やフォントの種類が異なります。自分にあった一台を見つけて、ミシンでの刺繍もぜひ楽しんでみて下さい。

 

▼ミシンについてはこちら!▼

【普通のミシン】刺繍のやり方とコツ!名前やキャラクターもできる?

 

まとめ

刺繍を始めたばかりの初心者の方でも、名前の刺繍は基本のステッチを使って簡単に縫うことができます。

まずは直線の多いアルファベットがお勧めですが、慣れてきたら曲線の多いひらがなにも挑戦してみて下さい。

自分の名前を縫い終わる頃には、基本的なステッチが上手に縫えるようになります。

自分のイニシャルなどを入れて、世界に一つだけのものを作りませんか?

 

▼刺繍についてはこちらもどうぞ!▼

刺繍の初心者が知りたい基本!必要な道具とオススメの図案まとめ!

刺繍枠の代用方法!手作りでもできる?使わないという選択もあり?

刺繍の初心者におすすめのキットは?北欧やおしゃれなデザインも!

 

生活・趣味
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント