クッキングシート代用品はアルミホイル!天板にそのままでも焼ける?【クッキー】

生活・趣味

こんにちは!

かなさんです。

クッキーを焼こう、と思い立った時に「クッキングシートがなかった!」ということはありませんか?

頻繁にクッキーを焼く人なら、そんなことはないのでしょうが、たまに気が向いた時にクッキーを焼くような場合には、クッキングシートがないということもありますよね。

そんな時に、クッキングシートの代わりになる代用品について、ご紹介したいと思います!

これさえ知っていれば、クッキングシートがないからクッキーが焼けなかった・・・なんていうことはなくなりますよ。

クッキングシートの代用品について、クッキーをレンジやフライパンで焼く場合など、いろいろなパターンでご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

オーブンの場合の代用品と注意点は?

まずは、クッキーをオーブンで焼く場合の、クッキングシートの代用品についてご紹介しますね!

実際に、クッキングシートの代用品を使ってクッキーを焼いてみましたので、画像で確認してみてください!

クッキングシートの代用品でも、ちゃんとクッキーが焼けましたよ。

アルミホイル

クッキングシートの代用品で有名なのは、アルミホイルですね。

ということで、実際にクッキングシートの代わりにアルミホイルを使って、クッキーを焼いてみました!

 

まず、クッキングシートと同じ様に天板にアルミホイルを敷きます。

そのままでも良いですし、油を薄く塗ってもいいですね。

アルミホイルは電子レンジでの使用は厳禁なので、あくまでも電子レンジのオーブン機能で使用してください!

 

実際に、クッキングシートの代用品のアルミホイルで焼いてみました!

 

左が、アルミホイルだけ、右は、アルミホイルに油を塗ったものです。

どちらも同じように焼けていますよね。

ということで、今回はクッキングシートの代用品は、アルミホイルだけでも大丈夫そうでした!

コピー用紙

コピー用紙も、クッキングシートの代用品になるんですよ!

意外ですよね。

 

使い方は簡単、用紙の表側のツルツルした方を上にして敷きます。

用紙は焦げやすいので、四隅を下に折り込むと良いです!

 

コピー用紙は食品用ではないので、あくまでも代用です。

アルミホイルもない、天板も汚したくない、という人にオススメのクッキングシートの代用品ですね!

 

電子レンジの場合の代用品と注意点は?

次に、電子レンジでクッキーを焼く場合のクッキングシートの代用品について、ご紹介しますね。

オーブンの場合と、使える代用品が少し違いますので、注意してください!

コピー用紙

電子レンジの場合も、クッキングシートの代用品にコピー用紙が使えます!

 

オーブンの時と同じ様に、用紙の表側のツルツルした方を上にして敷いて、クッキーを焼いてください。

「燃えないのかな・・・」と心配になりますが、大丈夫です!

電子レンジで、紙は燃えないんですよ。

耐熱容器

電子レンジの場合、クッキングシートの代用品に耐熱容器が使えます。

レンジで使える耐熱のお皿にクッキーを並べてチンするだけ!

これは簡単ですね。

 

ということで、実際に耐熱容器でクッキーを焼いてみました!

今回は油を塗らずに、600wで3分。

2分ほどしたところで異変が…

…焦げました(苦笑)

加熱が強すぎたのかな?

ちょっと目を離してしまったので、目を離さないようにしましょう!

あとは、加熱と時間の調整も大切ですね。

焦げたせいもありますが、油を薄く塗ると良さそうですね。




フライパンの場合の代用品と注意点は?

フライパンでクッキーを焼く場合の、クッキングシートの代用品についてはこちら!

アルミホイル(テフロン加工でないフライパン)

フライパンの場合にも、クッキングシートの代用品にアルミホイルが使えます。

フライパンにアルミホイルを敷いて、クッキーを焼くだけですよ。

 

ただ、テフロン加工のフライパンの場合は、アルミホイルにシワが多いとフライパンを傷付けてしまう可能性があるので注意が必要です!

テフロンのフライパンは傷がついてしまうと、テフロンの持ちが悪くなりますよね。

 

ですので、クッキングシートの代わりにアルミホイルを使う場合には、テフロン加工ではないフライパンを使用してくださいね。

フライパンに直接(テフロン加工のフライパン)

テフロン加工のフライパンは、クッキーを直接置いて焼くことができるんですよ。

ということで、実際に焼いてみました!

 

油なしでそのままクッキーを並べます。

弱火でじっくり…

火加減難しい…

油なしでも全然くっつきませんでした!

テフロン加工のフライパンなら、クッキングシートの代用品はいらない、ということですね。

 

ですが、実際にフライパンでクッキーを焼いてみると、火加減が難しいです。

弱火でじっくり、焼くしかないですね。

もしくは、クッキーを置く位置を変えたら、焦げにくくなるかもしれません。

トースターの場合の代用品と注意点は?

トースターでクッキーを焼く場合の、クッキングシートの代用品はこちら!

アルミホイル

オーブンの時と同じ様に、トースターにアルミホイルを敷いて、クッキングシートの代用品として使えます。

トースターの天板にアルミホイルを敷いて、クッキーを置いて焼くだけ。

簡単ですね。

天板がないタイプでも、アルミホイルで代用できますよ。

 

ひとつだけ気をつけてほしいことが、ヒーターの部分(発光してるところ)にアルミホイルが触れていないか確認すること!です。

もしアルミホイルが触れていると、燃えて火事になる恐れがあるので、十分に注意してください。

トースターは焦げやすいので、上にアルミホイルを被せると綺麗に焼けます。

 

ということで、こちらも実際にトースターにアルミホイルを敷いて、クッキーを焼いてみました!

 

キレイに焼けました♪

 

全くくっつきませんでしたよ!

天板にそのまま置いても焼ける方法は?

実は、天板にそのまま置いても、クッキーが焼ける方法があるんです。

 

それは、天板に油を塗ってクッキーを焼く、ことです。

簡単ですね(笑)

 

油は、キッチンペーパーなどを使って薄く塗ります。

バターやマーガリンでもOKですよ!

 

天板が油で汚れてしまうのがネックですが、それさえ気にしなければ、クッキングシートがなくてもクッキーが焼けます!

焼いた後のお掃除が少し手間になりますけれど・・・

 

クッキングシートが出来るまでは、天板に油を塗って焼いていたそうなので、全然問題ないようです!

ただ、天板が汚れるのが嫌だという人は、今回紹介したようにアルミホイルなどでクッキングシートの代用としてみてはいかがでしょうか♪

まとめ

ということで今日は、クッキーを焼くときのクッキングシートの代用品について詳しくご紹介しました!

どの電化製品でクッキーを焼くのか、によってクッキングシートの代用品も変わってくることがわかりましたよね。

電子レンジならコピー用紙でもクッキーが焼ける、というのは驚きですよね。

実際に、クッキングシートの代用品をいくつかの方法で試してみましたが、どれも問題はありませんでした。

 

クッキーを焼くときにクッキングシートがなかった、という時の参考になれば嬉しいです!

 

生活・趣味
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント