「令和元年度」はあるの?平成31年度の卒業式はどうなる?

生活

平成31年5月1日から、元号が「令和」に変ります。

菅官房長官が新元号を発表した平成4月1日は、平成31年度の始まりでした。

普通、年度というのは4月1日に始まって、3月31日に終わります。

では、「令和元年度」はどこへ行ったのでしょうか。

気になったので、調べてみました。

「令和元年度」はいつから?

新元号「令和」の発表があった平成4月1日から、平成31年度になりました。

今月から新社会人になる人や、小学校・中学校・高校・大学に入学する人は、平成31年度入社平成31年度入学になりますよね。

でも、5月から元号は令和に変ります。

年度というのは、4月1日から3月31日までのことを指しますよね。

とすると、平成31年度は令和2年の3月31日に終わるのか?と思いましたが、違いました。

 

どうやら令和元年度令和に変わる5月1日から令和2年の3月31日までをいうそうです。

国の予算における会計年度の名称については、原則、改元日以降 は、当年度全体を通じて「令和元年度」とし、これに伴い、当年度 予算の名称は、各府省が改元日以降に作成する文書においては「令 和元年度予算」と表示するものとする。

引用:総務省HP

原則、改元日以降は当年度全体を通じて「令和元年度」とし、と書いてあります。

ですので、平成31年度は平成31年4月31日で終了し、5月1日から令和元年度になります。

でもこの表記ですと、平成31年度はなくなるのかな、という印象を受けます。

どちらかに統一してもらわないと、公的な書類作成のときなど困りますよね。

元号の変わる年というのは、いろいろとトラブルが起きそうです。

「令和元年度」の卒業式はどうなる?

平成31年度が、平成31年4月31日で終了ということはわかりましたが、平成31年度の入学式があるなら平成31年度の卒業式もあるはずですよね。

でも、5月1日からは令和に変ります。

平成31年度の卒業式は、どこに行ってしまうのでしょうか?

 

本来なら、平成31年度の卒業式は平成32年の3月に行われます

でも、平成32年はなくて、令和2年の3月になっています。

令和2年の3月に平成31年度の卒業式・・・はないですよね。

令和元年度卒業式、になります。

ということで、平成31年度の卒業式は存在しないことになりますね。

なんだか、変な感じです。

「平成31年度入学式」の年の卒業式は「令和元年度卒業式」。

もしくは、令和元年度(平成31年度)卒業式という表記になるのかもしれません。

 

元号が変わるタイミングによって、年度に影響があるんですね。

あまり考えたことがありませんでした。

でも、今回のように年度の途中で元号を変えると、なんだかごちゃごちゃしませんか。

元号を変えるのは4月がいいのではないかな、と思いました。

「令和元年度」に対するSNSの反応は?

みなさん、やっぱり混乱しています。

それはそうですよね。

私も「???」となりましたもの。

元号を発表する際には、年度がどうなるか、公的書類にはどう記入するべきなのか、ということも併せて発表してほしいですね。

まとめ

今日は、令和元年度はあるのか?平成31年度の卒業式はどうなるのか?を調べてみました。

令和元年度は5月1日からになるそうです。

そして平成31年度はなくなる・・・のか?という感じでした。

また、平成31年度の卒業式は令和元年度卒業式になります。

もしくは、令和元年度(平成31年度)卒業式、ですね。

なんだか、頭がごちゃごちゃします!

ので、元号を変えるのは4月が良いのではないか、と私は思いました。

 

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

 

 

 

 

生活
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント