ノボランマは危険?命綱なしだったのはなぜ?ルールや施設も詳しく調査!

事件・事故

こんにちは!

かなさん(@kanayurin)です!

栃木県にある「那須ハイランドパーク」内のアトラクション「ノボランマ」で、悲しい事故が起こりました。

51歳の男性が、ノボランマから転落し、残念ながら亡くなりました。

この「ノボランマ」という遊具はそんなに危険なものなのでしょうか。

ルールや命綱についてなど、詳しく調べてみました。

ノボランマで転落事故

栃木県にある那須ハイランドパークのボルダリングの施設で、51歳の男性が転落し、死亡する事故がありました。

5日正午前、栃木県那須町のレジャー施設、那須ハイランドパークで「男性が5メートルくらいの高さから落下し、けがをしている」と利用客から119番通報がありました。
警察などによりますと、神奈川県相模原市に住む自営業の横尾一範さん(51)が「ノボランマ」というボルダリングの施設で転落し、頭を強く打つなどして病院に運ばれましたが、死亡しました。

事故があったボルダリングの施設は命綱やヘルメットを装着することになっているということで、警察が事故の原因を詳しく調べています。

引用:TBSNEWS

那須ハイランドパークのボルダリング施設「ノボランマ」で、51歳の横尾一範さんが転落し、死亡が確認された、ということです。

ですがやはり、この施設では「命綱やヘルメットを着用することになっている」ということで、万が一転落しても、大事故にはならない配慮がされていました。

それなのに起こってしまった、今回の悲しい死亡事故。

なぜ、このようなことになってしまったのでしょうか。

ノボランマは危険?

まず、ノボランマがどのような遊具なのかをご紹介します。

このように、たくさんのボルダリングが並んでいて、ハーネス(命綱)をつけて登る遊具になっています。

 

動画をみていただいてもわかりますが、みなさん、しっかりとハーネスはつけています。

万が一、手が滑って落ちたとしても、怪我をするようなことはないように思えます。

もちろん、命綱なしで落ちてしまったら、今回のような大事故になります。

かなりの高さがありますから。

ですが、子どもがチャレンジするような遊具もありますし、危険とは言い切れないのではないでしょうか。

ノボランマ転落事故で命綱なしだったのはなぜ?

では今回の死亡事故はなぜ起こってしまったのでしょうか。

横尾一範さんが、命綱をつけていなかったのはなぜなのでしょうか。

 

 

と、「もともと命綱をつけないで遊具に登った」のではないか「命綱はつけていたけど何らかの不具合があって外れたのか」いうことが言われていました。

 

ですがこちらの遊具はかなり厳重に命綱の管理をされているようで

画像

画像

命綱なしで遊具に登ることは不可能なようです。

ということは、何か不具合が起きたのでしょうか。

 

現在、事故の詳細については検証中で、詳しいことはわかっていません。

また新しい情報がわかりましたら、追記したいと思います。

ノボランマのルールは?

ノボランマにチャレンジする際には、いろいろなルールがあります。

ノボランマ_ゲームスタートまでの流れ

 

まず、必ず「同意書」に署名をします。

ノボランマ 同意書

 

そして、利用規約の中に

①利用対象身長100cm以上、体重100kg以下(アトラクション「リーブ・オブ・フェイス」は130㎝以上)
②アトラクション1回の利用時間は約25分です
③小学生以下は同伴必要(同伴者も利用料金必要)(1000円、ファンタジーパス・シーズンパスは無料)
爪の長い方、付け爪を付けた方は利用できません。また、マフラー、スカーフ、指輪、ネックレスは事前に外してください。
⑤高所恐怖症の方はご利用をお控えください
⑥専用シューズに履き替えていただきます。衛生上靴下は必ず着用してください
装着する安全器具については、スタッフの指示通りに装着し途中で取り外さないでください。
また、安全器具が装着できない方はご利用いただけません。

「安全器具が装着できない方はご利用いただけません」となっています。

必ず、安全器具をつけることが義務になっているんです。

 

ですので、今回の事故が起きた理由が、ますます不思議になってきます。

命綱なしで登るとしたら、それこそ係員を振り切って登るしか、方法がないですよね。

謎が深まるばかりです。

ノボランマでの事故にツイッターの反応は?

まとめ

今日は、那須ハイランドパークの遊具「ノボランマ」について詳しくお伝えしました。

ノボランマで悲しい死亡事故が起きてしまいましたが、調べた結果ノボランマ自体はきちんと安全に配慮している施設で、危険ではないようでした。

ですが、今回の事件ではなぜか大切な命綱をつけていなかった結果、事故になってしまいました。

現在、命綱をつけていなかった原因などはわかっていません。

詳しい原因を調べ、同じような事故が2度と起こらないようにして欲しいと思います。

 

最後になりますが、亡くなった横尾一範さんのご冥福をお祈りいたします。

事件・事故
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント