神宮外苑花火大会2019爆発事故でけが人が?原因や現場の状況は?事故動画も!

事件・事故

こんにちは!

かなさん(@kanayurinsan)です!

夏の風物詩の花火大会ですが、2019年8月10日に開かれた「神宮外苑花火大会2019」で、なんと爆発事故が起きたということです。

けが人も出ているということですが、一体どうしたのでしょうか。

調べてみました。

外苑花火大会2019で爆発事故?

2019年8月10日に開かれた、「外苑花火大会2019」で爆発事故が起きました。

 

ネットでは、その様子がたくさん投稿されています。

これは、怖いです・・・

かなり至近距離で、花火が爆発しているのがわかります。

この投稿をされた方は無事なのでしょうか。

もし、この花火が落ちたのが、人の真上だったら・・・と考えると、ゾッとしますよね。

外苑花火大会の爆発事故でけが人は?

これほど、観客の近くで爆発が起きているのです。

けが人などはいないのでしょうか。

 

現在わかっているのは、「軽症の男性が1人」ということです。

この方でしょうか。

「水ぶくれ」ができてしまったそうです。

ですが、軽症とのことで、大やけどにならなくて本当によかったと思います。

「目の前に花火が転がって大爆発」なんて、本当に怖いですよね。

軽症ですんだことが、奇跡ではないでしょうか。

 

TBSニュースでも

 実行委員会によりますと、10日午後8時10分ごろ、新宿区の神宮球場で行われていた神宮外苑花火大会で、打ち上げた花火の一部が不完全なまま落ちてきたということです。
はねた火花が球場の外を通行していた30代の男性の手首にあたりましたが、男性は救護室で手当てを受けて、そのまま帰宅したということです。
警視庁は、花火が球場の外に落下して破裂し、男性1人が軽傷としています。

引用:TBSニュース

このように、報道しています。

 

現在のところ、こちらの男性1人が軽症のみ、ですが、もしかしたら今後けが人が増える可能性もあります。

何か情報がありましたら、お知らせしますね。

花火の爆発事故の原因は?

では、なぜ今回のような爆発事故が起きてしまったのでしょうか。

 

いろいろと調べてみましたが、現在のところ、原因などはわかっていないようです。

警視庁などが、詳しく原因を調べています、ということです。

 

動画をみていただくとわかりますが、本当にすごい爆発でしたよね。

落ちた場所にたまたま人がいなくて、直撃されるようなことがなかったからよかったようなものの、落ちる場所が悪かったら・・・大惨事になっていました。

 

花火を楽しみに来たのに、大怪我をして帰る、なんてトラウマになってしまいますよね。

今後、事故原因をしっかりと調べていただき、同じような事故が起こらないように、対策をしていただきたいと思います。

爆発事故の詳しい場所は?

外苑花火大会の場所がこちら。

 

外苑花火大会は毎年、「明治神宮野球場」の近辺で開かれます。

ですので、事故現場もこの辺りになります。

 

近くに民家などはないような場所ですが、今回のように、花火がどこに落ちてくるかわからない、と思うと打ち上げ場所の近くに住んでいらっしゃる人などは、不安になるのではないでしょうか。

やはり、早期の原因究明が待たれますね。

外苑花火大会の爆発事故にツイッターの反応は?

まとめ

今日は、外苑花火大会の爆発事故についてお伝えしました。

現在のところ、男性1人が軽症とのことです。

軽症といえ、あの爆発の被害に遭われたのですから、精神的にもショックだったのではないでしょうか。

早く、やけどが治りますように。

 

そして、今回の花火の爆発事故の早期原因究明をしていただき、再発防止対策をしっかりとしていただきたいと思います。

事件・事故
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント