浦和サポーター発煙筒を焚いて書類送検された3人を特定?顔画像や名前は?

事件・事故

2019年4月8日、昨年のサッカー天皇杯決勝で浦和レッズが試合をした際に、道路で発煙筒を使ったとして男性3人が道路交通法違反の疑いで書類送検されました。

浦和レッズは、この発炎筒使用に関し適切な措置を取らなかったなどとして、今年2月に日本サッカー協会から、罰金200万円の処分を受けています。

今回、書類送検された、この浦和サポーター3人について調査してみました。

浦和サポーターが発煙筒を焚いて書類送検された件の詳細

3人は昨年12月9日、天皇杯決勝の会場だった埼玉スタジアム(さいたま市緑区)の入り口付近の道路で、必要がないのに自動車用の発炎筒を使った疑いがある。

男性らは浦和の応援に訪れ、選手が乗ったバスが会場に出入りするタイミングで発炎筒を使っていた。

選手の気持ちを高めることができると思った」などと供述しているという。

必要なく路上で発炎筒を使うことは道路交通法の禁止行為とされている。

引用:朝日新聞

今回書類送検された浦和サポーターも、悪意があったわけではなく。

選手を鼓舞する気持ちから、発煙筒を焚いたようです。

ですが、これが道路交通法違反に当たる、ということ。

たしかに発煙筒は、緊急の場合以外には使用することが出来ませんよね。

今回のように、軽い気持ちで使っていいものではありません。

「知らなかった」で済ませられる事ではなかった、ということです。

発煙筒を焚いて書類送検された3人の顔画像は?

今回、道路で発煙筒を焚いたとして、浦和レッズサポーターの男性3人が書類送検されました。

そしてこの件で、浦和レッズは罰金を支払うことになってしまいました。

 

今回、発煙筒を焚いて書類送検されたのは、この3人です。

1人目は、さいたま市南区の会社員(29)

2人目は、越谷市の会社員(55)

3人目は、ふじみ野市の男性 (61)

こちらの3人の画像がないか、いろいろ調べてみました。

が、残念ながら画像は見つかりませんでした

 

ですが、埼玉県警は天皇杯の運営関係者から通報を受けて防犯カメラの映像を調べて、3人を特定したようです。

ですので、現在は見つかりませんでしたが、今後、特定される可能性があります。

引き続き、新しい情報を待ちたいと思います。

発煙筒を焚いて書類送検された3人の名前は?

発煙筒を焚いたということで3人が書類送検されましたが、この3人の名前は特定されたのでしょうか?

いろいろと調べてみましたが、こちらも顔画像同様、防犯カメラでの特定はされているのですが、まだ公表されていないので詳細がわかりませんでした。

 

しかしこの3人、同じサポーターとして顔見知りだったのでしょうか。

はたまた友人か。

調べてみた結果、この3人には全く面識はなかったようです。

そしてさらに、この3人以外にも発煙筒を使用した人がいるとか・・・?

面識はないのに、みんなたまたま発煙筒を持っていたのでしょうか。

それはないですよね。

 

名前や関係性など、まだ詳細がわからないことが多いので、わかり次第追記していきたいと思います。

発煙筒を焚いて書類送検されたことについてSNSでは?

発煙筒禁止、ということを知らない人もいる、という意見もありましたね。

たしかに外国では、普通に使われています。

が、ここは日本で法律で禁止されていますので、気をつけましょう。

最後に

今日は、発煙筒を焚いて書類送検された3人の顔画像や関係性を探ってみました。

顔画像が見つかりませんでしたが、防犯カメラの映像で特定されている、ということなので今後出てくる可能性もあります。

また3人の関係性ですが、面識はない、ということでしたが発煙筒を持ち寄っているあたり、何かしらの繋がりがありそうです。

こちらも新しい事実がわかり次第、追記していきたいと思います。

 

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

事件・事故
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント