ゲーム利用時間制限(香川)はいつから?賛成反対みんなの反応まとめ!

香川県画像 時事

こんにちは!

かなさんです。

香川県が「ゲーム利用時間制限」という驚くような条例を考案したようです。

「ゲーム依存症の対策」などが理由のようですが、ゲームの利用時間を制限することで対策となるのでしょうか。

ゲーム利用時間制限条例はまだ可決していませんが、今後どうなるのか気になります。

ゲーム利用時間制限の条例がいつから施行されるのか、罰則はあるのか、また賛成反対のみんなの反応をまとめてみました。

ゲーム利用時間制限条例とは?罰則はある?

香川県議会がゲームやインターネット依存症の対策としてゲーム利用時間制限の条例素案を出したことが報道されました。

ゲーム利用時間制限が盛り込まれた条例の内容は

関係者によりますと、素案にはゲームの利用などについて、高校生以下の子どもを対象に1日あたり平日は60分、休日は90分に制限するとともに、夜間の利用は高校生は夜10時以降、小学生や幼児を含む中学生以下の子どもは夜9時以降、制限することが盛り込まれるということです。

引用:https://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/20200109/8030005560.html

となっています。

 

内容をまとめると

・高校生以下はゲームの時間を平日60分、休日90分とする
・夜間のゲーム利用は、高校生は夜10時まで、中学生以下は夜9時まで

ということが決められています。

 

そして、気になる罰則については

こうした制限には、いずれも罰則規定はありませんが、子どもたちに守らせることを保護者や学校の「責務」として明記するということです。

引用:https://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/20200109/8030005560.html

罰則規定はありません。

ですが、保護者や学校の「責務」となるようです。

保護者や学校は、この条例を守らせる責任が出てくる、ということですね。

ゲーム利用時間制限の条例はいつから?

このゲーム利用時間制限についての条例案は2019年から検討されていて、

香川県が独自で条例制定に踏み切る理由について、検討委員会の大山一郎委員長は「ギャンブルやアルコール依存などと同じように国レベルで法制化する必要がある」とした上で、「ネット・ゲーム依存が深刻化する一方、国では議論が進んでおらず、法制化を待っていられない」と説明している。

引用:https://www.kyobun.co.jp/news/20191018_03/

このように、検討委員会の大山一郎委員長が発言していました。

アルコール依存症と同じように法制化する必要がある、と述べていますね。

 

そして、このゲーム利用時間制限の条例の施行目標は

2020年4月1日

とされていました。

検討委員会は2020年4月1日の施行を目指しており、教育専門家の意見も聞いた上で19年12月末までに条例の骨子案を策定。パブリックコメントを実施した上で、20年2月の定例会に条例案を提案する考えだ。

引用:https://www.kyobun.co.jp/news/20191018_03/

2020年4月1日、もうすぐですよね。

 

ですが、その前に2月の定例会で条例ついて審議が行われますので、現在のところ2020年4月1日の施行は決定していません。

このゲーム利用時間制限の条例がどうなるのか。

行方が気になります。

 

この香川県でのゲーム利用時間制限の条例がもし可決されれば、全国へ広がる可能性もありますよね。

ゲームが大好きな子供たちにとっては大問題です。




ゲーム利用時間制限の条例に賛成?

では、このゲーム利用時間制限の条例に賛成の方の意見をみていきましょう。

子供を守る意味でも「賛成」という意見がありますね。

ゲーム利用時間制限の条例に反対?

では次に、ゲーム利用時間制限の条例に反対する方の意見もみてみましょう。

みなさんの意見をみていると、「反対」されている方が多いような印象です。

たしかに、現代の子供たちに外で遊ぶことは難しくなってきています。

公園も少なく、近隣との関係も希薄になり防犯上も心配。

となると、家でも遊べる=ゲームとなるのもわかりますね。

ゲーム利用時間制限の条例まとめ!

ということで今日は、香川県が立案しているゲーム利用時間制限を含む条例についてお伝えしました。

この条例は2020年4月1日の施行を目指しており、罰則などはありませんが、保護者や学校にはその条例を守らせる責務が出ます。

また、みなさんの意見も賛否両論でしたが、反対の意見が多いような印象でしたね。

現在、子供たちの間で「ゲーム依存」が問題になっている事実もあります。

そのため、そのゲームの時間を制限してしまおう、ということですね。

ただ、どんな依存症も「依存する理由」があるのも事実だと思います。

その理由を考えることなくゲームを取り上げる、というのは個人的にはどうなのか、とも思いますね。

この条例が施行されれば、保護者や学校にもその責務がのしかかり、その大人のストレスから子供の依存症が増える可能性も・・・あるかもしれませんよね。

難しい問題だとは思いますが、何より子供を本当に守れる社会や自治体でいて欲しい、と切に願います。

 

時事
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント