「令和」のアクセントってどこか決まってる?

時事

新元号が「令和」に変わりましたね。

その読み方のアクセントをどこにつけるか?が話題になっています。

「れい」を強く発音するのか?

「平和」のように平たく発音するのか?

気になったので調べてみました。

令和のアクセントはどこ?

今回新元号が「令和」に決まりましたが、そのアクセントがどこに来るのか?

調べてみると、内閣府に聞いてみた、という情報を見つけました。

 

   会見で新元号を発表した菅義偉官房長官はやや語頭、その後談話を発表した安倍晋三首相も語頭にアクセント(冷夏や明治と同じ)を置いていた。

そのため、「令和って安倍さんは頭高だったね、アクセント」「とりあえず菅さんのアクセントが当たりなのかな」と参考にする声も出ている。

実際のところはどうなのか。内閣府の担当者は1日、J-CASTニュースの取材に、

「『元号法』および『元号の読み方に関する告示』にもとづいて定めているのは、あくまでも漢字とその読み仮名だけであり、アクセント(イントネーション)についての決まりはありません。ですので、自由に発音していただいて構いません」と答えた。

どちらかが正しいのではなく、どちらでもよいというわけだ。

担当者は「参考までに本日、官房長官と総理が会見で発音したところでは、語頭にアクセントをつけていました」と付け加えた。その上で、

「出身地の言葉によってもイントネーションは変わり得ると思いますので、読み仮名さえ間違っていなければ発音の仕方は自由です」

と話していた。

引用:J-CASTニュース

 

アクセントはどちらでも良い、んですね。

たしかに、地方によって同じ言葉でもアクセントは違かったりしますし、普段話す程度には問題はなさそうですね。

でも、アナウンサーの方など、話すことを仕事にされている方はどうしたら良いのでしょうか。

今ごろ、「どうしましょうか?」と会議をしてたりして。

アクセントに関しては元号発表と同時に、こう読みますよ、と伝えてもらえるとアナウンサーの方などは助かりますよね。

令和のアクセントについてSNSでは?

みなさん、やっぱり迷っていますよね。

そして、「ご自由に、と言われると困る日本人」まさにそれ!です。

どっちでもいい、って言うけど、やっぱり正解が欲しいような気もしますよね。

ただ、総理のアクセントが頭高だったので、「れい」を強調する読み方が浸透しそうですよね。

まとめ

今日は、新元号「令和」のアクセントについて調べてみました。

令和のアクセントは、「れい」が強くても、平坦に読んでも、どちらでも良かったようです。

ただ、総理が頭高のアクセントだったので、「れい」が強い読み方が浸透しそうな感じがしますよね。

さて、みなさんはどちらのアクセントが読みやすいでしょうか?

 

本日も、最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

 

時事
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント