刺繍の初心者が知りたい基本!必要な道具とオススメの図案まとめ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活・趣味
スポンサーリンク

こんにちは!

かなさんです。

シンプルなハンカチや布小物に刺繍を入れてみたいけど、何から初めていいのか分からない!

刺繍は難しそうだから私には無理!と思っている方、多くはありませんか?

刺繍は全くの初心者という方でも、基本のステッチを覚えれば、それほど難しいものではありません。

簡単なステッチから初めて、自分だけの作品が出来上がる楽しさを味わってみませんか?

きっと時間があっという間に過ぎてしまうほど、夢中になってしまうはず。

まずは初心者の方が刺繍を始めるために、揃えるべき道具と簡単な図案をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

刺繍の種類はどれを選ぶ?

刺繍といっても、種類は様々で「フランス刺繍」「クロスステッチ」「ビーズ刺繍」など、数多くの種類があります。

 

刺繍が初めてという方は、最も一般的で人気のある「フランス刺繍」から始めることをお勧めします。

というのも、本屋さんに並ぶ刺繍の本でも、フランス刺繍を取り上げたものが多く、初心者の方には一番始めやすい種類だと思うからです。

では、そのフランス刺繍を始めるには、どんな道具を揃えたらいいのでしょうか。

刺繍を始めるのに必要な道具は?

いざ刺繍を始めてみようと思って、手芸店を覗いてみると‥その道具の種類に驚いてしまう方も少なくないと思います。

針だけでも複数の種類があり、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

ここでは、まずは揃えるべき道具をご紹介します。

必要最低限のものから揃えて、まずは基本のステッチに挑戦してみましょう。

刺繍針

刺繍針には大きく分けて2種類の針があり、「フランス刺繍針」と「クロスステッチ針」があります。

今回ご紹介するフランス刺繍に必要なのは、針先が尖った「フランス刺繍針」です。

 

刺繍針は、普通の縫い針に比べ、針穴が大きく刺繍糸を通しやすくなっています。

また針には号数があり、刺繍糸の本数や糸の太さで針を変える必要があります。

後程ご紹介しますが、基本となる25番刺繍糸を3~4本取りにして使うことが多いので、初心者の方には5、6番の刺繍針がお勧めです。

いずれ難しい図案にもチャレンジしたい方は、異なる号数の針がセットになっているものを購入しましょう。

 

もう一方の「クロスステッチ針」ですが、針先が丸くなっているのが特徴で、この針で縫える布は限られているため、間違えないように気を付けましょう!

刺繍糸

刺繍糸の種類はとても豊富ですが、まずは「25番刺繍糸」の中から好きな色を選びましょう。

 

この「25番刺繍糸」は、6本で1束になっていて、ここから図案に合わせて必要な本数を取り分けて使います。

メーカーによって色味も異なるため、自分の好きなものを選らんでみて下さい。

 

また、糸には色ごとに色番号が記載されています。

同じ色を買い足す時に必要になるため、色番号の書かれた紙はつけたままにしましょう。

フランス刺繍の針は、どのような布でも縫えますが、初心者の方は木綿やリネンの無地の布で、刺繍の縫い目が分かりやすいものがお勧めです。

家にあるシンプルなハンカチなどでも大丈夫です。

糸切りばさみ

刺繍の縫い目は細かいので、手芸用の糸切りばさみが必要です。

刺繍用の更に細かい作業向きのはさみもありますが、最初は普通の糸切りばさみで十分です。

刺繍枠

刺繍枠は、図案を書いた布を挟んで使用します。

ピンと張った状態の方が針も刺しやすく、布がよれることもないため、仕上がりがとてもきれいです。

100円均一でもプラスチック製の刺繍枠が販売されていますが、長く使うことを考えると木製のものが使いやすく、最初は8~12cm程のものがお勧めです。

チャコペンまたはチャコペーパー

刺繍の図案を描いたり、図案を写すために使用します。

水洗いで消えるタイプを選んで下さい。

 

最初は、チャコペンで簡単な図案やイニシャルを手書きで写すだけでも十分です。

よりきれいなものを目指す方は、チャコペーパーを使用して下さい。

刺繍初心者にオススメな道具はこれ!

これまで、刺繍をするのに必要な道具には何があるのか、をお伝えしましたね。

では、実際にどんな商品がおすすめなのか、を具体的にご紹介します!

どこでどんな商品を選んだらいいのかわからない方は、ここでご紹介する物を購入して、刺繍を初めてみてくださいね。

 

初心者にオススメの刺繍セットはこちら!

こちらのセットは、フランス刺繍の基本のステッチを練習できるのでお勧めです。

図案がプリント済みの布に、刺繍糸と刺繍針もセットになっており、縫い方の説明書までついています。

 

フランス刺繍の23種類のステッチの練習ができるセットです。

こちらも図案がプリント済みの布に、刺繍糸と刺繍針、縫い方の説明書がついています。

初心者にオススメの図案は?

次に、初心者にオススメの図案をご紹介しますね。

図案も、難しすぎても最後まで完成できませんし、自分のレベルに合った図案も必要です。

 

初心者にオススメの図案はこちら!

引用:https://nukumore.jp/articles/1377

基本のステッチを覚えてワンポイントの刺繍を楽しみませんか?

コーヒーカップやキッチン用品の刺繍を、布巾に縫ってみてもかわいいですね。

 

「ワンポイント」「刺繍」と調べると、簡単でとても素敵な図案が見つかります!

 

引用:https://stat.ameba.jp/user_images/20120316/12/mayuny/87/f0/j/o0570038011854492173.jpg?caw=800

ハンカチにこんな素敵なイニシャルを入れられたら、自分だけのオリジナルの一枚になりますね。

とっても素敵です。

刺繍を作ってみよう!

こちらの動画では、刺繍をするために必要な道具を丁寧に説明されています。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

今回こちらで紹介した道具以外にも、刺繍の便利グッズや、チャコペーパーの保存方法、針の収納方法など、勉強になることがたくさんあるのでお勧めです。

図案は、難しいものに挑戦する必要はなく、まずは自分で描いた絵や文字でも十分です。

ぜひ、フランス刺繍で自分だけのオリジナルの作品を作ってみませんか?

 

▼刺繍についての記事はこちら!▼

刺繍枠の代用方法!手作りでもできる?使わないという選択もあり?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活・趣味
スポンサーリンク
KANATABI!