【普通のミシン】刺繍のやり方とコツ!名前やキャラクターもできる?

生活・趣味

こんにちは!

かなさんです。

今日は、刺繍が好きで自分で刺繍もするけど、ミシンで刺繍もしてみたいな、という方に、ミシンでの刺繍のやり方とコツをお伝えしたいと思います。

しかも「普通のミシン」でも刺繍ができるんですよ。

刺繍のためにわざわざ専用のミシンを買う前に、普通のミシンで刺繍を試してみませんか?

まずは普通のミシンで刺繍をしてみて、もっといろいろな刺繍をしてみたい、という方には刺繍の初心者でも使いやすいミシンもご紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

普通のミシンで刺繍はできる?

ミシンで刺繍をしてみたいけれど、刺繍機能付きのミシンには手が届かない・・そう思っている方にお勧めなのが、普通の家庭用ミシンでの刺繍です。

「家庭用ミシンで?」と、驚かれた方も少なくないと思います。

普段、ミシンを使うときと同じ直線縫いでの刺繍と、フリーモーション刺繍と呼ばれている2つの方法をご紹介します。

直線ミシンで刺繍するやり方とコツは?

まずは直線ミシンでの刺繍についてご紹介します。

 

普段、ミシンでの縫い物をするときに使う「直線縫い」でも刺繍を楽しめます。

ただ、注意点としては、図案は複雑なものではなく大き目で簡単なものを選びましょう。

やはり、直線縫いでの刺繍ですので、図案が複雑になると思ったような刺繍にならない可能性があります。

引用:https://www.monopot-illust.com/illust/1819

 

「白黒 イラスト」などのキーワードで検索すると、直線ミシンでも刺繍ができるイラストが見つかりますよ。

 

普段使っている直線縫いでも刺繍ができるなんて!と、驚いた方も多いと思いますが、手縫いの刺繍とはまた違った雰囲気の仕上がりなので、ぜひお試し下さい。

 

引用:http://blog-imgs-75.fc2.com/c/o/l/colorswawawa/fc2blog_201506231110402b4.jpg

このように、普通のミシンの直線縫いで刺繍をされている作家さんもいます。

素敵ですね。

 

フリーモーション刺繍のやり方とコツは?

フリーモーション刺繍という言葉を初めて耳にする方も多いと思いますが、家庭用ミシンでも押さえ金具を「キルト押さえ」という金具に付け替えさえすれば、フリーモーション刺繍を楽しめます。

 

メーカーによって製品が異なるため、お手持ちのミシンの型番に合ったものを使いましょう。

押さえの交換をする際は、必ずミシンの電源を切った上で、取り扱い説明書を確認しながら行って下さい。

 

フリーモーション刺繍は、慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、手縫いや、直線縫いのミシンでは出せない一味違った刺繍を楽しむことができます。

図案を布に描いておいても良いですが、フリーハンドでお絵描きのように楽しむのも面白いと思います。

ミシンでお絵描きをするつもりで、チャレンジしてみませんか?

 

「キルト押さえ」でのフリーモーション刺繍。

気持ちのままにお好きに描いてみませんか?

 

また、図案を写すための下絵シートには

 

 

こんなに便利なアイテムもあります。

図案を布に写して、刺繍をしたら、あとは洗って溶かすだけです。

図案を書くことが苦手な方や、面倒だな、という方にぴったりのアイテムですね。

 

ミシンで名前を刺繍するやり方とコツは?

ミシンで名前の刺繍をしたい場合にお勧めなのは、太目のアルファベット平仮名です。

 

チャコペンやチャコペーパーで布に図案を写し、まずは「直線縫い」で文字の縁取りから始めます。

縁取りが済んだら、文字のなかをミシンで行き来して隙間を埋めるだけ!

やり方は、とても簡単ですね。

 

また、ミシンの模様選択で「ジグザグ縫い」を選び、ジグザグ縫いで刺繍を行うこともできます。

この場合も、太めの文字から練習することをお勧めします。

 

直線縫いよりも、ジグザグ縫いの方が縁取り後の文字の隙間をすぐに埋めることができます。

文字の図案をジグザグ縫いで刺繍する場合、図案の幅にもよりますが、ミシンのふり幅の設定は2ミリ前後くらいの細かい設定にした方がきれいに仕上がりますよ。




ミシンでキャラクター刺繍はできる?

ここまで直線縫いでの刺繍や、フリーモーション刺繍についてご紹介してきましたが、自分で作った作品に大好きなキャラクターの刺繍を入れたいという方も少なくないと思います。

 

そんな、本格的なミシン刺繍を楽しみたい方は、刺繍機能付きのミシンを購入することをお勧めします。

残念ながら、さすがに普通のミシンでは、キャラクターのような複雑な図案は、刺繍することは難しいですね。

 

刺繍機能付きミシンは、内蔵されたデータで刺繍を楽しむこともできれば、お好きなキャラクターのデータを追加購入するも可能です。

刺繍機能付きのミシンは、普通のミシンより少しお値段は高くなりますが、大好きなキャラクターの刺繍をいろいろなところにできる、と思うと欲しくなってしまいますよね!

 

キャラクターの種類もメーカーによって様々なので、自分の好みに合った一台を探してみて下さいね。

 

刺繍の初心者にオススメのミシンは?

最後に、刺繍の初心者でも使いやすいミシンをいくつかご紹介させていただきますね。

ぜひ、参考にしてみてください!

 

ブラザー PS202/PS203/PS205

 

コンパクトですが、パワーもありミシン初心者の方にはとても使いやすい一台です。

刺繍機能はありませんが、先ほどご紹介した「キルト押さえ」を購入すればフリーモーション刺繍も可能です。

 

シンガー SN778EX

 

こちらのミシンは、207種類のステッチで文字縫いや飾り縫いを楽しむことができます。

操作のしやすいバックライト付きの液晶画面と、よく使う模様を登録できるダイレクト選択ボタンが搭載されています。

 

ブラザー lisere300

 

メーカーサイトから刺繍データをダウンロードすることができ、USBメモリや刺繍カードを使って刺繍の絵柄を増やすことができるので、キャラクターの刺繍をしたい方にはおすすめの一台です。

 

このように、刺繍の初心者の方でも使いやすいミシンがたくさん販売されています!

また、「ミシン専門店」というミシンを専門に取り扱うお店もあるんですよ。



このような、専門店からミシンを選んでみるのもいいかもしれません。

刺繍のレパートリーが増えれば、それだけミシンのお値段も高くなりますが、それでも毎日の楽しみを考えれば安いものではないでしょうか。

 

ミシンをお持ちの方なら、直線縫いのミシン刺繍はすぐにでも始められます。

フリーモーション刺繍も、今までのミシンでこんなことができるなんて!と驚かれるはず。

手縫いでの刺繍とは違ったミシン刺繍、ぜひ楽しんでみて下さいね!

 

▼刺繍についての記事はこちら!▼

刺繍の初心者が知りたい基本!必要な道具とオススメの図案まとめ!

刺繍枠の代用方法!手作りでもできる?使わないという選択もあり?

 

生活・趣味
かなさんをフォローする
KANATABI!

コメント